夏に使える英語

こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校です!

今年はいつもより暑くない、と言われますが、もう夏真っ只中ですね!!
どこか遊びに行くご予定はありますか?
今回は、残りの夏を楽しんで頂くために、夏イベントをいくつか英文で紹介します!

夏の風物詩と言えば…

それは花火ですね!
花火は ”fireworks” と言います。
花火と言えば花火大会を避けては語れませんが、
皆さんは実際に見に行く派ですか?
それともテレビやスマホの映像がお好きですか?

それではここでまず、
好きなことを比べるときにとても役立つ表現を使って、
自分の意見を言ってみましょう。

”I prefer going to firework festival to watching it on TV or mobile phone”
「テレビとかスマホで花火を見るより直接会場で見る方が好き!」

この”prefer”の使い方の肝になるのは、
”prefer A to B”で二つのモノを比べることです。
”to”を”than”と間違えることが多いので気を付けてくださいね~

さて、それでは花火大会の時に使えそうな英文でございます。
”It’s good that weather is not bad this year.”
「今年は天気が悪くなくて良かったよ」

”This one is so beautiful, isn’t it?”
「この花火、すごくきれいじゃない?」

”There’s too much people to see the entire shape.”
「人が多すぎて全体が見えない。」

”If we get lost each other, let’s meet at ○○” 
「もしはぐれたら○○で会おう。」

夏と言えば海ですね~
私事ではございますが、かつて一度だけ海でクラゲに刺されたことがあります。
それ以来、海に入る前にいつも考えることは、

”I hope there’s no jellyfish. Or at least I don’t get bitten.” 
「クラゲがいませんように。いたとしても刺されたくない。」

皆さんも考えますか?(笑)

海に行く日は晴れてほしいと願うものです。
しかしあまりにカンカン照りだとどうなるでしょうか。

”My back is burned. It’s painful.” 
「背中が日に焼けた。痛いよ。」

”I swallowed sea water accidentally. So salty.” 
「海水のんじゃった。しょっぱい。」

”Unfortunately, there’s no sea near my region.”
「残念ながら、私が住んでいる近くに海はないんだ。」

バーベキュー

バーベキューはお好きですか?
どこでやるかで、雰囲気が全然違いますよね。
例えば、場所に関してこんな言い方ができます。

”have a barbecue on beach/ in a park” 
「ビーチで/公園でバーベキューをする」

ここで、バーベキューの時に起こりうる会話を英語にしてみました。

”Oh no. Sauce dropped on my t-shirt. Could you pass me a wet wipe, please?” 
「あらやだ。Tシャツにソースが付いちゃった。ウェットティッシュを取ってくれない?」
”Here we are.” 
「はいどうぞ。」

”I was bit by mosquitoes. Do you have anti-itch cream?”
「蚊に刺された。ムヒ持ってる?」
”I’m afraid not. But I think Anne does.” 
「申し訳ないけどないんだ。でもアンが持っていると思うよ。」

”I’m full.” 
「お腹いっぱいだよ。」
”Really? You haven’t had sweets yet, have you?” 
「そうなの?まだデザート食べてないでしょう?」
”No but I can’t eat anymore.”
「食べてないけどこれ以上食べられない。」

いかがでしたか。
この夏に花火を観たり、海に行ったり、バーベキューをするご予定がある方は、
今回ご紹介した英文をぜひ使ってみてください!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

夏に使える英語

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 夏に使える英語