英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 夏バテ・熱中症って英語でなんて言うの?

夏バテ・熱中症って英語でなんて言うの?

皆さんこんにちは☆英会話教室リンゲージ池袋校スタッフです!

毎日暑い日が続いていますね・・・皆さん熱中症対策はバッチリでしょうか??
今回は夏バテ・熱中症、そして対策について英語でどのように言うのかをご紹介したいと思います!

★夏バテ ”heat exhaustion”

夏バテは英語で”heat exhaustion”といいます。

”heat”は熱・熱さ、
”exhaustion”は疲労という意味になります。

【夏バテの症状】”Symptoms”「症状」について
・めまい ”dizzy”
・異常なほどの汗をかく ”excessive sweating”
・吐き気 ”nausea”
・嘔吐 ”vomiting”

★熱中症 ”heat stroke”

熱中症は英語で”heat stroke”といいます。

【熱中症の症状】”Symptoms”「症状」について
・頭痛 ”throbbing headache”
・汗はでません ”no sweating”
・吐き気 ”nausea”
・嘔吐 ”vomiting”
・意識の薄れ ”lose consciousness”

夏バテ・熱中症にならないためには・・・

夏バテ・熱中症対策は、皆さんもよくご存じだとおもいますが、
いつも以上に水分補給することです☆

喉が渇いたな・・と感じる時にはすでに脱水症状にあるとのことです( ;∀;)
1日2リットルは飲むようにしましょう!!

私も最近知ったのですが、カフェインとアルコールは実は身体に水分がたまらず、
脱水症状を起こしてしますそうです・・!!!

皆さん、水分補給する際は、カフェインを含むコーヒーやお茶そして、お酒を飲むことを
避けてくださいね!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

夏バテ・熱中症って英語でなんて言うの?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験