英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 外国語のあいさつでカルチャーショック!?

外国語のあいさつでカルチャーショック!?

みなさん、こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校です。

今日の池袋校ブログは、あいさつ表現についてです!
言葉や文化が変われば、あいさつや相づち、ジェスチャーなどもさまざまですね☆

以前のブログでもお話ししたことがあるのですが、私は独学でアラビア語を勉強しています!
(していました……の方が正しいのかもしれません)
今日は、そのアラビア語を例に、少しお話ししてみたいと思います♪

See you tomorrow!

別れ際、「またね」「また明日ね」などと言葉を交わすこと、多いですよね!
みなさんは、”See you later!” や ”See you tomorrow!” と言われたら、なんと返事していますか?

多くの方が、”See you tomorrow!” や ”Bye” などのフレーズを返すのではないかと思います。

しかし、私がアラビア語圏(イスラム教徒)の友人と英語で話すとき、
彼らの返事はいつも「インシャアッラー」

……その意味とは。
【神様がそう望むなら】

えっ!?

初めてそう返されたとき、私は、
「え!? 明日も会う約束してるのに、神様が望まないと会えないの?」とビックリ!!

A:また明日ね!
B:神様が望むならね!

日本人の感覚だと、え!?となりますよね!(笑)

意外とオールマイティー(笑)

しかし、この「インシャアッラー」、実はとてもオールマイティーに使えます!

●目標を語るとき
●先の予定を語るとき
●まだよくわからないことを話すとき
などなど。
何でもかんでも「インシャアッラー!」
(↑個人の感想です)

池袋エリアには、アラビア語圏の外国人もたくさんいらっしゃいます!
英語で会話する機会があったら、ぜひ使ってみてくださいね♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

外国語のあいさつでカルチャーショック!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験