英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 「お疲れさま!」は英語で何と言う!?

「お疲れさま!」は英語で何と言う!?

みなさん、こんにちは!
英会話教室リンゲージ池袋校です。

今日の池袋校ブログでは、いろいろなシチュエーションでの
「お疲れさま」表現についてご紹介したいと思います!!

「お疲れさま」に相当する英語表現は、なかなかこれといって特定できないので、
その場その場でその時に適した表現をしていく必要がありそうです!

You must be tired.

日本語の「お疲れさま」の語源は、諸説ありますが……江戸時代に使われていた、夕方の挨拶にあるといわれています。

「夕方になった今ごろは、きっとお疲れでしょう」
というところから来ているらしいです。

そう考えると、「頑張ってくれてお疲れでしょう、ありがとう」という意味を込めて気持ちを表現すると、
”You must be tired, thank you.” などと、いうことができると思います!

Good job!

一生懸命やった結果やその過程を褒める表現のGood jobですが、「よくやったね!」という意味においては、
「お疲れさま」と同じような場面で使うことができると思います!

例えば……。
A: ”Sir, I got a new contract today!”
 (上司に対して)本日、新規の契約が取れました!
B: ”Well, good job!”
よし、お疲れさま!

ねぎらいの意味がありますので、目上の人には使わないように気を付けましょう☆

Bye!

職場などで退勤時の挨拶として使われる場合には、シンプルに”Bye!” ”See you tomorrow.”などでもOKです♪

ちなみに、リンゲージ池袋校内で使われる、退勤時の「お疲れさま」は、
英語の場合は ”Bye!” や ”See you tomorrow!” などですが、
日本語で「オツカレサマ~!」「オツカレー!」などと、頑張って日本語を使ってくれる講師もいます!
※新宿本校勤務のオーストラリア人講師・Jackは、最近「おつぽ」という日本語を覚えました!(爆)

みなさんだったら、どのように「お疲れさま」を表現しますか?

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

「お疲れさま!」は英語で何と言う!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 「お疲れさま!」は英語で何と言う!?