英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ いろいろな「わかりません」の英語表現を使ってみる♪

いろいろな「わかりません」の英語表現を使ってみる♪

みなさん、こんにちは!
英会話スクールリンゲージ池袋校です。

英会話をしていて、話についていけなくなったときや、
質問の意図がピンとこないとき「わかりません」って言うのって、
実はなかなか勇気がいりますよね……。

今日の池袋校ブログは、ただの “I don’t know” では伝えきれないニュアンスも含め、
いろいろな「わかりません」をご紹介してみたいと思います!

“I don’t know” 単体では、少しぶっきらぼうに聞こえてしまいがちな「わかりません」も、
何がどうわからないのか、伝えられたらベターですよね♪

I don’t get it.

I don’t understand(理解していない)とほとんど同じ意味の「わかりません」です。
「よくわからない」「ピンとこない」というときに使える表現です。

A: I always take a taxi to go to ○○.
○○へ行くのに、いつもタクシーを使う。
B: I don’t get it, it only takes 1 minute on foot, right?
 理解できないよ、徒歩1分くらいの距離でしょ?

It doesn’t make sense.

こちらも「意味をなさない」「ピンとこない」といったような意味で使われます。
※肯定文で使えば「意味をなす」「つじつまがあう」などの表現になります。

A: I am on a diet right now.
 今、ダイエット中なの。
B: Why are you buying these snacks and candies?
 It doesn’t make sense at all.

 どうしてこんなにお菓子ばかり買ってるの?
 まったく意味がわからないよ。
A: Today is my “cheat day.”
 今日は “チートデイ(ダイエットをお休みする日)” なの。

I have no idea.

何か聞かれた時の返事によく使われる表現です。
質問の答えが見当もつかない場合や、記憶にないとき、
まったく何と言ったらよいかわからない場合に使うことができます。

A: How long does it take from ▲▲ to ◆◆?
 ▲▲から◆◆まで、どのくらいかかる?
B: Ah . . . I have no idea.
 あ~。まったく見当が付かないな。

いかがでしたか?
「わからない」の表現一つにしても、いろいろな伝え方がありますね!
ぜひ、Free Talk Tableでも使ってみてください!!

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

いろいろな「わかりません」の英語表現を使ってみる♪

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ いろいろな「わかりません」の英語表現を使ってみる♪