「いただきます」は英語で!?

みなさん、こんにちは!
英会話スクールリンゲージ池袋校です。

今日の池袋校ブログでは、「いただきます」や「行ってきます」のような日本語表現を、
英語ではどのように表現しているのか、いくつか例をご紹介していきたいと思います♪

行ってきます&いってらっしゃい

「行ってきます」と「いってらっしゃい」……みなさんだったら、なんと表現しますか?
いろいろな表現ができると思いますので、一部、ご紹介していきましょうー!!

●行ってきます
 I’m leaving.
 I’m going now.

基本的には、「もう出掛けるよ」という雰囲気が伝わればOKみたいです!

●いってらっしゃい
 See you later.
 Have a nice day!

基本的には、「またあとで」という雰囲気が伝わればOKみたいです!
「行ってきます」の時に使ってもよさそうですね!

いただきます&ごちそうさま

それでは「いただきます」と「ごちそうさま」ではどうでしょうか?

私がアメリカにホームステイしていたときは、クリスチャンのご家庭だったので、食前に ”grace” を唱えるのが一般的でしたが、それ以外では、下記のような表現ができると思います!

●いただきます
Let’s eat.

みんなで一緒に食事をとる際に「それでは、いただきましょうか!」といった雰囲気ですね。
一人で食事をする場合でも、作ってくれた人や食の恵みに対して、
感謝の気持ちを唱えてから食すのが一般的だと思われます!

●ごちそうさま
 Thank you for the delicious meal.
 It was very good. Thank you, ○○.

基本的には、「おいしかった」「ありがとう」の気持ちが伝わればOKみたいです♪

定型文よりも、気持ちを伝える方が大事★

今日は、いくつかのシンプルな定型文をご紹介しましたが、
日常生活においては、定型文にとらわれず、その時その時の気持ちを伝えるのが大切だと思います!

ぜひ、気持ちのこもったオリジナルのフレーズを使ってみてくださいね♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

「いただきます」は英語で!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ 「いただきます」は英語で!?