会話のキャッチボールをしよう♪

みなさん、こんにちは!
英会話スクールリンゲージ池袋校です。

英会話の勉強をしていると、フリートークがとても難しく、
ついつい聞く一方になってしまいがちですよね。
キャッチボールではなく “ボウリング” 状態……。(苦笑)

上手にキャッチボールをして、聞き上手&話し上手になりたいですね!!

疑問詞を駆使!!

上手に会話を続けるためには、相手の話をよく聞き、
気になったことに対してほどよく質問を挟んでみましょう!

中学校で習った【5W1H】の疑問詞を、覚えていますか?

When / Where / Who

まずは、単体でも使える疑問詞を3つ!!!

When(いつ)
Where(どこ)
Who(だれ)

話の途中でも、”again” や、”did you say?” “Say” を付け加えるだけで、
途端に便利な表現になります!
※聞き逃したので or 一度聞いたことを聞き直すようなイメージ

例:
When again?
いつだって?

Where, did you say?
どこでって言ったっけ?

Say, who?
えっ?誰が?

Why / How / What

続いて、会話が弾みそうな疑問詞を3つ!!!

Why(なぜ)
How(どのように)
What(なに)

なぜ?の表現には、シンプルに ”Why?” ということもできますが、“How come?” という表現もあります!
よりカジュアルで、会話向きのフレーズなので、会話のキャッチボールにはピッタリですね♪

また、howを使うと、文法に自信のない方でも、
会話には十分有効な疑問表現が作ることが出来ます!

例えば、
How did you . . . ?
どのようにしたの?

How can you . . . ?
どのようにやるの?

文法的には不完全でも、ジェスチャーなどを織り交ぜながら伝えれば十分!!
自信を持って質問してみましょう!

Whatも会話のキャッチボールにおいては自由度が高く、
文法にこだわらず、気軽に使うことができる単語だと思います!
気になったことがあったら、

What is it you just said?
今あなたが言ったのは何?と聞いてみましょう!
もしくは、シンプルに

What’s that?
それはなんですか?

でも大丈夫!!
まずは文法にこだわらず、会話のキャッチボールを楽しみましょう♪

★英会話教室リンゲージ池袋校TOPに戻る★

会話のキャッチボールをしよう♪

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP
まずは気軽に無料体験