食感を英語で伝えるには?

こんにちは!池袋校のHinakoです!

突然ですが、みなさんは食べ物の食感を聞かれた時、
どのように伝えていますか?

池袋校のフリートークテーブルでも、
生徒様が外国人講師に最近食べた料理について話をしているのを良く見かけますが、
単語を知らないと説明するのは難しいですよね。

そこで、今回は食べ物の食感に関する英単語をいくつかご紹介します♪

サクサクを表す言葉 “Crispy”

例えば天ぷらについて説明したい時は、このように言うことができます。

Tempura is fried sea food and vegetable in a light batter.
It’s crispy and delicious. You can eat with rice, it’s called Tendon.

また、
I fried bacon crisply.
というように、crispyは“カリカリ”を表現する際にも使えます。

ボリボリを表す言葉“Crunchy”

Crunchyはボリボリやカリカリを表す言葉で
I like this snack! It’s crunchy and salty!
のように使えます!

CrunchyCrispyは似ているような気もしますが、
Crunchyは分厚い食べ物を噛んだ時に音のするような
歯ごたえのある食べ物の時に使うのに対し、
Crispyはポテトチップスなどの比較的薄い食べ物に使う単語になります。

ふわふわを表す言葉“fluffy”

私たちも会話の中でよく、これすごいふわふわ~!なんて言ったりしますよね。

英語でふわふわはfluffyと言い、
This waffle is so fluffy!
というような形で使えます。

日本語の“ふわふわ”と少し似ている感じがするのは私だけでしょうか、、(笑)
この単語はすぐに覚えられそうですね!

以上、3つの食感を表す言葉を紹介しました。

ドラマや映画でもよく出てくる表現なので、
気にして見てみてください♪

そしてHow was it ?と聞かれた時には
ぜひこれらの言葉を使って返してみて下さい!

食感を英語で伝えるには?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP