英会話教室TOP教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログこれで英語の接客もばっちり?!おもてなし英会話@池袋校

これで英語の接客もばっちり?!おもてなし英会話@池袋校

こんにちは!池袋校のモモコです!今回は幅広く使えるおもてなし英会話をご紹介していきたいと思います。

どこでも使える接客フレーズ

まず、英語には「いらっしゃいませ」という言葉がないため、第一声は“Hello”になることが多いかと思います。
その後に “How are you?” 等の定番の挨拶が続くともっといいかもしれません。
ポイントはその後です!
その後にどうお声がけするか難しいと感じる方も多くいらっしゃるかと思います。
実は、二通りほどお声がけの仕方があります。

一つ目は、“How can I help you?”(何かお探しですか?)
こちらは、具体的に注文が決まっていない場合やメニューがない場合に使うことが多いかと思います。
例を挙げると、アパレル系の接客、ホテルのコンシェルジュなどで使われることが多いです!
もちろん、飲食店で使うことも可能です♪

二つ目は、“What can I get for you, today?”(何を注文なさいますか?)
このフレーズはメニューがあったり、既に注文が決まってる場合に使われることが多いです。
こちらも例を挙げると、カフェやレストランでの接客で使います。

他にもある!英語での注文の取り方

基本的なフレーズを先にご紹介しましたが、他にも違う言い方などもあるのでご紹介します。

まず、先ほど挙げた二つのフレーズの代わりとして、
“How may I assist?“(何かお手伝いできますか)や
“What can I do for you?“(何かできることはありますか?)
などいくつかバリエーションがあります。

また、追加の注文を聞きたい時などは、
“Would you like more ○○?”(もっと○○が欲しいですか?)
が使えます。丁寧語がないと言われている英語ですが、
“Would” を使うと丁寧な表現になるので接客の場面で使えるキーワードです!

終わり良ければすべて良し

最後は、お会計する時に使えるフレーズです。

お会計の時は、
“Your total will be ○○.”(合計で○○円です)

また、お釣りを渡すときは、
”Here is your change”(お釣りでございます)
お釣りは、“Change”と言うのはご存知でしたか?

ここまでの英語で全て出来たら、海外で働くときや外国のお客様が来た時でもばっちり対応ができますね♪
機会があったら使ってみてください!

また、リンゲージで使っているテキストでも、接客英語や注文の仕方のレッスンがあるのでおすすめです。
★英会話リンゲージの無料体験レッスンについて詳しくはこちら★

これで英語の接客もばっちり?!おもてなし英会話@池袋校

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP