英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ池袋校 池袋校ブログ ノートもペンもいらない『Direct English』を使った勉強法って?

新宿校に統合いたしました。

オンライン英会話も選べる!

ノートもペンもいらない『Direct English』を使った勉強法って?

こんにちは!池袋校のSachiです!
本日はリンゲージのレッスンで使用している英語教材、『Direct English』を使用したおすすめの勉強方法をご紹介します(*’▽’)
今回ご紹介する方法は、なんとノートもペンもいらないんですよ(☆o☆)

『Direct English』の音読を録音し、客観的に聞いてみよう!

中学校や高校の英語の授業では、リスニング・リーディングが中心でしたよね。そのため、どうしても「読み」「聞き」に重点をおいた予習・復習をしがちになり、「話す」ための学習が疎かになってしまいます。

そこでオススメしたいのが、携帯電話のボイスレコーダーに自分の声を録音してみることです!
一通り予習・復習が終わったら、最後の仕上げとして教科書を読む自分の声を録音してみます。その後録音した音声を聞き、『Direct English』の英語と聞き比べてみましょう(*’ω’*)

この方法だと、自分の話し方を客観的に分析できるのでオススメです!

iPhoneなど携帯電話の機種によっては、録音した音の抑揚が表示されます。
日本語はあまり抑揚をつけずに話す言語なので、英語も単調に話してしまいます。私もこの癖があり、特にその点を意識するようにしています。

登場人物になりきって、思いっきり読んでみるのがコツです♪
何度も録音して聞き比べることで、気を付けて読むべき箇所・直すべきポイントが徐々にわかってくると思います!

慣れてきたら、即興で作った英文を録音してみよう★

教科書の音読が終わったら、自分で英文を作って話しているところを録音して聞き直してみましょう!
即興で作るとなると難しそうですが、始めは『Direct English』の英文を少し変えて一文作ってみる、という方法でも大丈夫ですよ(^^)

話している時は気づかないのですが、録音の音声を聞き直してみると、ごくごく簡単なケアレスミスをしてしまっていることがわかると思います。
例えば、(誤)She play soccer.  (正)She plays soccer. などなど。
録音して直して…と繰り返し、少しずつ正確な英文を言えるようにしていきましょう!

このように言える表現を貯めていくことで、実際の会話で使えるフレーズがどんどん増えていきますよ!(^^)!
ノートもペンもいらない方法なので、一日10分からでも続けてみて下さいね★

★教材『Direct English』についてはこちら★

ノートもペンもいらない『Direct English』を使った勉強法って?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

池袋校TOPにもどる
PAGE TOP

オンラインでもOK!

まずは気軽に無料体験