まりみさん

夢は英語のできる「薬剤師タレント」!
元アイドルで薬学生の私の挑戦を
見守ってください

有楽町校│グループレッスン

まりみさん

23歳/大学生
趣味:薬膳料理

「アメリカで薬剤師」という目標が現実的に

昔から「英語を使って自由に話せるようになりたい!」とは思っていました。だから、町で外国人に話しかけられたりするのも好きでした。でも実際には、頑張ってしゃべってみても伝わらない(笑)。高校のテストでは30点を取ったこともあるくらい、英語が一番の苦手科目だったんです。学校の先生が心配してくれて、「ラジオ英会話」を勧めたほど。でも、「聞いてもどうせ分からないし…」なんてずっと聞き流していました。
そんな私に転機が訪れたのは、大学3年の時。薬学部に通っているのですが、学校のアメリカ研修で、海外の進んだ技術や効率化されたシステムを目の当たりに。患者さんに渡す薬の封入作業を機械が行うなど、日本とはあらゆる面で違っていて、びっくりしました。これをきっかけに、大学に入る前からひそかに抱いていた「アメリカで薬剤師として働きたい」という目標が、現実的になったんです。
研修から帰ってきた後、学校の勉強やその他の活動で忙しく、すぐに英会話スクールなどへ通うことはできなかったのですが、この時初めて、きちんと目標に向かって動き出そうと思いました。

インタビュー1

きっかけは料金体制! 今では生活に欠かせない「お楽しみの1コマ」

リンゲージを選んだ最初の理由は、通いやすい料金だったことです。これくらいリーズナブルなら、自分でアルバイトをしながらでも通って行けるなと思ったんです。体験レッスンで先生の優しさや懸命さに触れ、楽しく続けられるイメージがわき、実際に通いはじめた今では、私の日常生活に欠かすことのできない、お楽しみの1コマになりました。新しい友達ができたり、先生に冗談を言われたりと、以前に比べて格段に「笑う」ようになっていますね。基本的に先生は日本語を一切話してくれないので、フリータイムで友達と日本語を使っていても「ダメだよ! 英語を使いなさ〜い!」って注意されてしまいます。それでも勉強しに来ているという感覚は全くなくて(笑)。
同じグループのメンバーは社会人も多く、それぞれの職場の話を伺えるのもよい刺激になります。予習ですか? それがちゃんとしているんですよ! というのも、初めてのレッスンの時、何もしないで行ったら、皆さんレッスン内容を意外と理解していて。それからは「きちんと予習しないとついていけない!」と思って、予習するようになりました。
レッスンで使う教材とセットになっているCDの音源をiPhoneに入れて繰り返し聞いたり、分からない単語を事前に確認したりしています。ちなみに、リンゲージに通い始めてからは、以前は抵抗があった「ラジオ英会話」も聞くようになりました。

インタビュー2

自分にしかできないことに挑戦したい

通いはじめてまだ2か月ですが、英語と楽しく触れ合える時間を定期的に持つようになったことで、ヒアリング力がぐんと上達したと思います。今の目標は、「海外で薬剤師として働けるだけの英語力を身につけること」。そしてゆくゆくは海外での経験を活かし、日本の医療制度を底上げできるような薬剤師として活躍していきたいと思っています。
実は少し前まで、アイドルグループのメンバーとして活動をしていたのですが、その時に「もっと自分にしかできないことに挑戦してみたい!」という想いに気づきました。だから、将来なりたいのは「薬剤師タレント」。少しでも多くの方に、薬について興味・関心をもってもらうことが目的です。健康番組などに出演しながら、おじいちゃんやおばあちゃんの孫的な存在になれたら嬉しいですね。薬剤師としてだけでなく、より自分らしく生きていくためにも、リンゲージで過ごす時間をこれからも大切にしていきます。

インタビュー3

10年後の自分へのメッセージ

メッセージ

スクールに通うひそかな楽しみ

友だちから刺激をもらってます

リンゲージで仲良くなった友だちと一緒にご飯をしたり、レッスンが終わった後に話をすることが、何よりの楽しみです。意欲的な人が多くて、毎回たくさんの刺激をもらって帰ります。

友だちから刺激をもらってます
不安が解決したらまずは体験レッスンへ♪