オンライン英会話も選べる!

Yurinaの旅行記 in Romania パート2

こんにちは!
英会話スクールリンゲージ 銀座有楽町校のYurinaです。

今回も引き続きRomania編!
次へ向かったのはGura Humoruluiから西へ少し下がったところ、ルーマニア北西部トランシルヴァニア地方の中心都市である「Cluj-Napoca」です。町の歴史はこの地方では最も古く古代・中世そして近代のオーストリア=ハンガリー帝国の影響が今もなお、至る所に残っています。

教育・文化・工業の中心都市と呼ばれるクルジュ=ナポカ。その魅力をたっぷりシェア!

▶Yurinaの旅行記 in Romania パート1

若者の町「Cluj-Napoca」

クルジュ=ナポカは教育の町。ルーマニア最大の大学であるバベシュ=ボーヤイ大学を初め、多数の国立・私立大学が集中していることから大学都市とも呼ばれます。学生が多く暮らしてるためか物価は大都市に比べ安く、留学生も多いので街全体がオープンで英語が堪能な人も多かった印象です。英語の市内ツアーが毎日開催されていたり、レストランでは英語メニューが用意されていたりと、他にも海外からの旅行客に優しい気遣いが街中に見られました。

そして若者が多く暮らす町だからこそ、定期的に中心広場で音楽や文化イベントが行われそのジャンルは演劇やクラシック、ジャズに電子音楽まで!街には伝統的な文化が息づいています。残念ながら冬の時期はあまり開催されないそうで私は見ることが叶いませんでしたが、夏になると旧市街のメインストリートはとても賑やかになるそうです。春先〜夏初旬にかけてルーマニアへ旅行されるならクルジュ=ナポカは必見です!

なんとも言えない居心地の良さが魅力!

トランシルヴァニア地方かつての首都であり最も古い起源を持つ「Cluj-Napoca」。多様多種な文化が混在した歴史的価値の高い都市です。

中世時代、ドイツ人の入植者により発展の基礎が築かれ、近代にはオーストリア=ハンガリー帝国に編入されたことから、旧市街には異なった様式の建築を見ることができます。

歴史にはめっぽう弱い私。クルジュ=ナポカについて詳しく知るため到着してすぐNPO団体が毎日無料で行なっている市内ツアーに参加しました。少し予習はして挑んだものの、ツアー中歴史+英語レッスンに頭の中はフル回転!知らない単語も多く、ツアーが終わる1時間半後にはパンク状態でした。その後カフェで少し復習し、クルジュ=ナポカの歴史や街に今も残されるその痕跡、異なる建築様式について学んだあとはいつものように街歩きに。知識があるかないかでこんなにも変わる景色は、いつ経験しても本当に面白いです。クルジュ=ナポカがもっと好きになり、もっともっと居心地良く。3日間の滞在予定はその居心地の良さに1週間に伸びました!

ハマりすぎ!

クルジュ=ナポカで出会ってしまった病みつきケーキ。欲望のままに4日間食べ続け、お店のスタッフと仲良くおしゃべりしていた時にハッとしました!ですがクルジュ=ナポカから移動した後も比較的どこのパン屋さんやスイーツ屋さんでも購入できたので、滞在した約1ヶ月間、いったい何個食べてしまったのでしょう。

チョイスはチョコ味かバニラ味の2種類。チョコソースがかかったサクサクのパイ生地の間にはクリーミーで濃厚な味わいのイタリアンプリンのような、なんとも言えない病みつきの食感が!とっても甘そうに見えますが、甘さは意外に控えめでぺろっと食べられちゃいます。レシピを聞いておくんだった!

ルーマニアに行った際はきっと目にすると思うので、騙されてたと思って是非試してみてください!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yurina

Yurina

Life is journey!
「旅と言語」をこよなく愛し、短期大学で英語を学び、ワーキングホリデーやバックパッカーなどを通し、常に新しいこと・楽しいことを求めて来ました。
現在は世界一周を目標にまた長い旅に出ています。決まっているのは予算だけで、どんな旅になるか私自身もまだわかりません。私の記事をみて「言語好き」「海外好き」が増えてくれたら嬉しいです。

Yurinaの旅行記 in Romania パート2

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験