オンライン英会話も選べる!

Yurinaの旅行記★番外編

こんにちは。
英会話スクールリンゲージ 銀座有楽町校のYurinaです!
新型コロナの影響で一時帰国中ですが、引き続き旅行での経験やおすすめ情報をシェアしていきます!Stay Safe!

今回は「Yurinaの旅行記」番外編!
私が旅行中に知り興味をもった、ウクライナの文化人"Ivan Franko"を紹介します!

まさに天才!

Ivan Franko(イヴァン・フランコ)のことを知ったのは、ウクライナ西部の町リヴィウの人気観光地「リチャキフ墓地(Lychakiv Cemetery)」を訪れた時でした。

東欧で最も美しい墓地として知られるリチャキフ墓地。芸術的で美しいお墓が東京ドーム約9個分という広大な土地に広がっています。リヴィウに関係のある有名人が多く眠っており、300,000を超えるお墓と500以上の彫刻を見ることが出来ます。なんと最も古いお墓は1675年のもの。驚きですね!そしてその中で最も私の目を引いたのがIvan Frankoのお墓でした。

Ivan Frankoは詩人(Poet)、作家(Writer)、学者(Scholar)、翻訳家(Interpreter)、哲学者(Philosopher)、政治活動家(Political activist)など多様な分野で活躍し、ウクライナの天才と呼ばれた文化人の1人です。現在では大学名や紙幣、地名などにその名前を見ることが出来ます。

言語が好きな私にとって、言語学者であり翻訳家として活躍していた彼に興味を持つのはとても自然なこと。英語、韓国語、そしてやっとロシア語を学習し始めた私ですが、Ivan Frankoはなんと14つ以上の異なる言語を話したそうです。またまた驚きですね!

その後はしばらく彼にハマってしまい、移動中などで作品を読んでいました。有名作品が数々残されていますが、その中で私が一番気に入った作品をご紹介します:)

おすすめしたい作品!

私のお気に入り作品は「Kаменярі (Kamenyar)」。リチャキフ墓地から帰りIvan Frankoについて調べ始めて、初めて読んだポエムでした。ストーリーはある男が見た夢、命をかけて巨大な岩を砕き未来へ続く道を造る数千もの男たちの話です。この世界観に私は一気に引き込まれ、それから何度も何度も読み返しました。そしてIvan Frankoという人物にとても興味を持ちました。Ivan Frankoにはこの世界がどのように見えていたのか、他の作品も読まなくては!と駆り立てられたのを覚えています。

「Stonecutters(英語名)」の一部分を英訳してシェアするので、気になった方は全文もチェックしてみてください!私はこのポエムを読んで、ものへの見方が変わった気がします。英訳は翻訳者により解釈が異なり、違う単語を使っていたり表現方法がいくつもあって調べれば調べるほど原文の解釈が深まり面白いです。是非この世界観に引き込まれてみてください!

[Kamenyar (Stonecutters)]
We don't want the glory of heroes at all,
We are not heroes.
No, we are slaves who put ourselves voluntarily.
We are slaves of our own strong will.
On the road to future, we are just the stonecutters.

☆空港英会話Part3☆

搭乗まであと一歩!空港英会話Part3は聞き逃したくない空港アナウンスです。次回の旅行に向けて今のうちにマスターしてしまいましょう!

~搭乗案内~
-JAL airlines flight 123 departing for Japan, is now ready to check in.
※Depart 出発(ここでは分詞の形容詞的用法でFlight123を修飾)

-This is the pre-boarding announcement for JAL airlines flight 123 departing to Japan.
※Pre-boarding 優先搭乗

-JAL airlines flight 123 departing for Japan is now boarding at gate 13. Passengers for this flight, please proceed to gate 13.
-Passengers holding tickets for seats in rows 30 through 50, please come forward for boarding.
※ Row 横列
※ Come forward=Proceed=Make your way(全て”前へ進む”)

-This is the final boarding call for JAL airlines flight 123 departing for Japan.
※Final boarding call 最終搭乗案内

~遅延・欠航・変更~ 
私は最長7時間の遅延を経験したことがあります。皆さんもきっと経験があるはず!
Attention passengers on JAL airlines flight 123 departing to Japan.

-The flight has been delayed due to~. (遅延)
-The flight has been cancelled due to~. (欠航)
-The boarding gate has been changed. The flight will be leaving from gate~. (変更)
※Due to ~ が原因で

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yurina

Yurina

Life is journey!
「旅と言語」をこよなく愛し、短期大学で英語を学び、ワーキングホリデーやバックパッカーなどを通し、常に新しいこと・楽しいことを求めて来ました。
現在は世界一周を目標にまた長い旅に出ています。決まっているのは予算だけで、どんな旅になるか私自身もまだわかりません。私の記事をみて「言語好き」「海外好き」が増えてくれたら嬉しいです。

Yurinaの旅行記★番外編

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験