オンライン英会話も選べる!

Yurinaの旅行記 in Mongolia 観光編

こんにちは!
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYurinaです。

今回はMongolia観光編!
実際に私が訪れて、是非オススメしたいスポットをシェアしていきます!

▶極寒と乾燥の国「Mongolia」

モンゴルの風景

モンゴルNo.1の長さを誇る「オルホン川(Orkhon River)」

オルホン川はハンガイ山脈東部に源流を持つ、
全長1124kmのモンゴル最長の河川です。
世界遺産「オルホン渓谷」は、モンゴル中心部を流れるオルホン川の両岸に位置しています。

冬のモンゴルは極寒。もちろん川は厚い氷に覆われます。
雪山に囲まれ、氷で覆われたこの巨大な川の上に立っていると、
まるで別の惑星に来たかのような感覚を覚え、何か不思議な気持ちになりました。
ツアー仲間たちはまるで月に来たみたい!と大盛り上がりでしたが:)

New Yearなどのホリデーシーズンには、
スケートやソリ遊びなど多くの地元の子供達が訪れ、とっておきの遊び場になります。
私も地元の子供に連れられて遊びに行きましたが、完全に運動能力不足でした...。
大自然の中、寒さも忘れて雪まみれになって遊んでいる子供達を見ていると、
少し羨ましい気持ちになりますね。

☆ポイント英会話フレーズ
Kid loves sledding on the Orkhon River in winter.
I skied for the first time in 5 years.
 (5年ぶりにスキーをした)
※実際にスキーをしたことを強調

I went skiing for the first time in 5 years. (5年ぶりにスキーに行った)
※スキーをしに行ったが、実際にスキーをしたかは不明
→”SKI”の動詞/名詞/形容詞、異なる用法をチェック!
どう表現するかにより、意味合いが微妙に変わってきます。

モンゴルの「オルホン川(Orkhon River)」

定番のアトラクション「乗馬体験」

モンゴルは騎馬民族
国民にとって馬はとても身近で、大切な財産であり友でもあります。
多くが幼い頃から馬の扱い方・乗り方を教わり、乗馬を経験します。

そんな騎馬民族を象徴するのが年に1度、夏に開催される一大イベント「ナーダム祭」
モンゴルを代表する3競技「競馬、相撲、弓」の技術を競います。
祭はモンゴル各地で開かれ、村祭りレベルから県大会、国体と様々。
首都ウランバートルで開催されるナーダム祭は
モンゴル全土から優秀選手が集められ、国一番の盛り上がりを見せます。

そんな馬と共に生きるモンゴルだからこそ、観光の目玉はやはり乗馬体験ツアー!
至る所でツアーが組まれ、日帰りから泊まりツアーまで様々なオプションが選択できます。

私選んだのはモンゴル中央部に位置する「アルハンガイ」という地域での日帰りツアー。
遊牧民の生活するゲルを訪れご飯を一緒に食べ、
乗馬を体験しながら、山の頂上にあるお寺を目指すというツアーでした。

ガス、水道、電気、全てのないゲル生活
薪を燃やし、その火でゲルを暖め、食事を作り、
1日に何度も水を汲みに行きます。
実際の遊牧民の生活は、私が思う日常とはとてもかけ離れていて、
全てに驚き、感心し、多くを学び、また一つ自身の視野が広がった気がしました。

そして人生初の乗馬体験!
運よく私以外のメンバーは全員経験者だったので、特別に目をかけて頂いて、
運動神経に自信のない私でも安全に、楽しく体験できました!
翌日の朝、メンバー全員がお尻の辺りの痛みを訴えていましたが、
それもまた思い出ですね。

モンゴル旅行をされる方、皆さんに是非オススメしたいツアーです。
大自然の中を馬に跨りながらのんびり散歩。きっと思い出に残る時間になりますよ!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yurina

Yurina

Life is journey!
「旅と言語」をこよなく愛し、短期大学で英語を学び、ワーキングホリデーやバックパッカーなどを通し、常に新しいこと・楽しいことを求めて来ました。
現在は世界一周を目標にまた長い旅に出ています。決まっているのは予算だけで、どんな旅になるか私自身もまだわかりません。私の記事をみて「言語好き」「海外好き」が増えてくれたら嬉しいです。

Yurinaの旅行記 in Mongolia 観光編

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験