オンライン英会話も選べる!

Yurinaの旅行記 in China

こんにちは!
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYurinaです!

Yurinaの旅行記シリーズ、2カ国目は中国です。
初めて訪れる国なので、何もかもがとにかく新鮮!
今回は、中国のなかで私が滞在している北京の生活事情についてシェアしていきます:)

また、私のブログでは、旅行記の英文ver や英語フレーズの紹介なども織り交ぜていきますので、
併せてぜひチェックしてみてください♪

英語が伝わらない...!

北京国際空港に到着して、まず困ったことが「言語」!
両替所で英語が通じない...電車の乗り場はどこですか...
ボディジェスチャーと勘で乗り切りましたが、滞在先に着く頃には疲労困憊。
漢字が読めるから大丈夫だろうと油断していました。

いざという時のために、通訳アプリなどを携帯に入れて置くとかなり便利です。
私もゲストハウスに到着して、すぐに翻訳アプリをダウンロードしました!
実際に、注文をする際やルームメイトとコミュニケーションを取る際に
とても役に立っています:)

なので、まずは英語で試みる!
通じなければ翻訳アプリor指差し
です!

言葉が通じないと、コミュニケーションが取れず戸惑うことも多いですが、
北京に住む人達は皆さんとても親切:)
ローカルの人達とコミュニケーションが取れるとっても貴重な機会なので、
思い切って話しかけてみましょう!

少しぶっきらぼうで冷たく感じる対応も、
もう少し深く関われば実はとても暖かい。
それがこの国の人達の魅力なのでしょうか:)

☆言葉が通じない時のフレーズ
I don't speak ( Language ).
Could you repeat it again?
Could you write it down for me?
Would you mind -ing ~?
※より丁寧な表現になります。

キャッシュレス時代!

最近、日本でも急激にキャッシュレス化が進んでいますが、
ここ中国はそのさらに先の先を行きます!

日本では現金を持ち歩かず、
Credit CardやQuickPayなどの電子マネーを利用しますが、
ここ北京では、人々の多くがALIPAYなるQRコードによる決済をします。
約6年前に導入された決済システムだそうで、今では中国全土で主流となっています。

Credit Cardが使用できるのは、
大きなショッピングモールやホテルのみで、
ローカルのほとんどのお店ではQRコードか現金支払いのみ!
何度見ても関心してしまいます。

日本も6年後にはキャッシュレス化が進んでいるんでしょうか?:)
ALIPAYが使えればとても便利ですが、現金だけでも全く問題なのでご心配なく!

☆支払い方法を伝えるフレーズ
I'd like to pay in cash / by credit card.

※CashとCredit cardでは前置詞が異なります。
Do you accept cash / credit card?
Can I pay in cash / by credit card?

HOTを信用してはいけない!

北京の冬はとても寒いです。
私が滞在していた12月中旬でも、朝は-5度以下まで下がります。

そんな日に外を歩いていると、何か暖かい物が飲みたくなります。
こちらでも、ほとんどの自動販売機やコンビニにも「HOT」コーナーが設置してあります。
HOTドリンクコーナーにcold-brew coffeeがあったのは今でも七不思議なのですが...。

しかしここで注意!
日本と北京の「HOT」の感覚は全く違いました!!

コンビニで購入したお茶はHOTというより、ややwarm。
自販機に至っては、常温より少し冷たい気がする。
この寒さには自販機も負けてしまうのでしょうか...それでも少し悲しいです。

Coffee lover な私にとって、これは死活問題。
旅費用が十分にあればスターバックスに行くのですが、
寒くて困っていたそんな時、見つけたのが「パン屋さん」!

北京にはカフェは少なくても、パン屋さんやケーキ屋さんが至る所にあります。
甘いお茶が多かったり、スイーツが激甘だったり、
北京の人は意外と甘党なのでしょうか:)

パン屋のコーヒーは、HOT&安い!
普通のカフェより半額以下!テイクアウト可!!
この3拍子を発見した時は、感動モノ!!

私はコーヒーでしたが、お腹に余裕があって寒さに凍えている時はBeijin Snacksもおすすめ!
Beijin Snacksとは、北京ではどこにでも売っている
饅頭や肉まん等のStreet foodのこと。
肉まん等の蒸し料理は、Steamed Bunともいいます。
コーヒーよりも断然安く、露店で購入して食べ歩けば体も温まります:)
Snackが肉まんって...次の国に旅立つ頃には私はどうなっているのでしょう。

☆スターバックスなどカフェに行くことがあれば!
Could I have a coffee to go, please? ※ To go/ Takeaway=持ち帰り
Can I get a tall latte with vanilla sirup? 

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Yurina

Yurina

Life is journey!
「旅と言語」をこよなく愛し、短期大学で英語を学び、ワーキングホリデーやバックパッカーなどを通し、常に新しいこと・楽しいことを求めて来ました。
現在は世界一周を目標にまた長い旅に出ています。決まっているのは予算だけで、どんな旅になるか私自身もまだわかりません。私の記事をみて「言語好き」「海外好き」が増えてくれたら嬉しいです。

Yurinaの旅行記 in China

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
最大3ヶ月グループレッスン無料!
まずは気軽に無料体験