Merry Christmas in New Zealand★

こんにちは!英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のLilaです。

今日はクリスマスですね!いかがお過ごしでしょうか?
クリスマス当日ということで、今回は日本とは異なる
New Zealandのクリスマスについてお話します!

真夏のクリスマス!

日本でクリスマスと言えば、イルミネーションやもみの木に積もった雪など、
季節は冬ですよね!
でも南半球にあるニュージーランドは、もちろん季節も逆になり、
11月にもなれば、だんだんと温かくなります。
サーフィンにのったサンタクロースなど、
一度は写真や絵などでご覧になったことがある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

実際、サーフィンにぴったりの時期になるので、
多くのサーファーが海にいきます。
ちなみに私は、サーフィンではなく…ダイビングをしました!(笑)

強すぎる紫外線

北半球とは少し異なるニュージーランドのクリスマス。
見られるものも異なり、まずは、サンタ帽に半袖半ズボン!
真夏でも30度ほどで、東京ほど気温は上がりません。
しかし!気温以上に、とっても暑いです!

なぜかというと、ニュージーランドやオーストラリアは
比較的紫外線を吸収するオゾン層が薄く、
紫外線の強さはなんと、日本の7倍とも言われています。
その為、太陽の暑さを直接感じやすく、
からっとしているため、風があまり吹かないなか、
鉄板の上にいるようなジリジリとした暑さになります。

訪れる際は、効果が高い日焼け止めをたっぷり塗り、
暑くても薄手の長袖を着ることをオススメします!

New Zealandのクリスマスと言えば、これ!

ニュージーランドのクリスマスと言えば、
ニュージーランドの自然のクリスマスツリーと呼ばれている、ポフツカワ
高いものだと15~20メートルほどになる木で、
緑の葉で覆われており、11月~12月にかけて、真っ赤な花が咲き誇ります。
その花から採れるハチミツは、英国王室ご用達として知られているのだとか!
ビーチ沿いでも見られ、木陰は、夏の間、日除けとしても活躍します。

いかがでしたか?
クリスマス=冬のイメージが少なからずあると思いますが、
暑い日のクリスマスも新鮮で良いですよね☆

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

Merry Christmas in New Zealand★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験