クリスマスの起源

みなさんこんにちは、英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinamiです。

今日はクリスマスイブですね。
皆さんは今日明日をどのように過ごされるのでしょうか。
そんな日取りにちなんで、今回のトピックはクリスマスの起源についてお話したいと思います。
意外と知らなかった~!という本場のクリスマスをお伝えできると嬉しいです。

クリスマスの起源

「12月25日のクリスマスは何の日?」との問いに、
イエス・キリストの誕生日と答える人が多いのではないでしょうか。
しかし、正確には「イエスの誕生を祝う日」とされています。
キリスト教や聖書には、イエスが生まれた日が12月25日だとの明確な記述はありません。
そのため、生まれた日ではなく、生誕を祝う日なのです。

キリスト教のカトリック教会において、
イエスの誕生をみんなで祝うようになったことが、
現在のクリスマスの始まりだと言われています。

もともと、イエスの母・マリアには、ヨセフという婚約者がいました。
しかし、結婚する前、つまり乙女だった時点で神の業によりイエスを身ごもります
ヨセフの両親、はては村人たちまでも、マリアの不貞を疑い激しくののしりました。
そして、不潔なマリアに罰を与えるために捕まえようとしました。
しかし、ヨセフは、決して不貞はしていないというマリアの言葉を信じました。
そして二人は、追手から逃れるために、ある馬小屋に身を隠します。
陣痛が始まったマリアは、その馬小屋で男の子を出産します。
その子がイエスであり、
後に数々の奇跡で人々を救い、神の子と呼ばれるようになるのです。

クリスマスイブの語源

イブの語源は、『even』だといわれています。
これは、夕暮れ時を指す英語の『evening(イブニング)』の古語にあたります。
本来、イブという言葉は、『前夜』の意味を持っていませんでした。

しかし、使われ方が次第に変化し、
現在では『前夜』あるいは『前夜祭』の意味で用いられています。
それゆえ、クリスマスイブといえば、クリスマスにあたる12月25日の前夜、
つまり12月24日の夕方以降を指します。

実は区別されている時間帯

『イブ』が『前夜』に該当するとしても、
なぜ12月25日だけではなく、前日の24日から祝うのか気になるところです。

少し複雑な話になりますが、イブは『前夜』として祝っているのではなく、
クリスマスが到来したことを祝っているそうです。
キリスト教の前身はユダヤ教です。
そしてユダヤ歴では、一日の区切りは
24時(深夜0時)ではなく、日没だとしています。

つまり、日が沈んだ瞬間に、イエス・キリストの降誕をお祝いする日が始まります。
そのため、日没と同時にお祝いを始めるのだそうです。
日本ではクリスマスイブの24日の夜の方が、盛り上がるような雰囲気がありますが、
それはもしかするとこのユダヤ歴に由来しているのかもしれませんね。

本日はクリスマスイブ。素敵な1日をお過ごしください✨

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

クリスマスの起源

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験