Aussie Englishってどんな英語?

こんにちは!オーストラリア留学中のKanakoです。
今日はオーストラリア英語についてお話したいと思います!

日本の学校で私達が習ってきた英語は基本的にはアメリカ英語ですが、
実際に使っている単語、発音、スペルなどで
アメリカ英語とイギリス英語が混在しています。
store(米)shop(英)などのそもそもの単語の違いや、
color(米)colour(英)などのスペルの異なる同単語のどちらも
私は分別なく使っていました(笑)

オーストラリア英語はどっちより?

ずばり、イギリス英語の影響をガッツリ受けています。
そこには、イギリスの植民地支配やヨーロッパから
大勢の人が移住したという歴史的背景があります。
イギリス英語をベースに、現在のオージーイングリッシュなるものが形成されました。
なんでも短縮してしまうオージーイングリッシュは、
オーストラリア人のその性格も大きく影響していると言われています。

Aussie Englishどんな英語?

ここではオージーイングリッシュの特徴を紹介します。
ただ、一口にオージーイングリッシュと言っても、
国土が広大なオーストラリアは地域ごとで、アクセントや訛りの違いがあります。
なので、特徴的だと考える3点に絞りました!

①aの発音
アメリカ英語で「エ」や「エイ」と発音されるaを、
オージーイングリッシュは「ア」「アイ」と発音します。
Todayをトゥダァイ、Goodayをグッダァイは有名かと思います。

②Australian Question Intonation
こんな名前があるとは私も知りませんでした。
しかしこの名の通り、オージーイングリッシュは語尾がいちいち上がります。
すべて疑問文かと疑うくらい。
会話が始まって数秒でオージーイングリッシュと分かる、
一番分かりやすい特徴だと思います。

③省略語
これをなくしてオージーイングリッシュを語ることはできません!
オーストラリア人(?)はなんでもかんでも省略しちゃいます。
この省略単語に関しては、よく使うスラング紹介!Aussie Slangでも紹介しています。

世界には様々な英語が!

アメリカ英語、イギリス英語をはじめ、世界には様々な英語があります。
今回はAussie Englishを紹介しましたが、
Singlish, Irish English, Canadian English, Indian Englishなど、
他にも沢山の特徴がある英語が。

たとえ地域特有の表現やなまりがあったとしても、
皆が堂々と自分の英語を喋っているのを見ると、
英語ができる/できないは一つのものさしでは測れず、
伝える思いが大切なのだなあと考えさせられます。

リンゲージ在籍の講師陣はとっても多国籍なので、
是非、それぞれの特徴ある英語にも注目してみてください^ ^!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

Kanako

Kanako

大学4年次を休学し、オーストラリアのブリスベンにて留学中。
多文化社会・スローライフ・暖かい人や気候の中で生活しています。大学、課外活動、インターンシップ参加と充実した毎日。留学での学びをシェアしていきたいです!

Aussie Englishってどんな英語?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験