ストラスブールのクリスマス料理

皆さんこんにちは。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。

毎日寒いですね。去年の今頃ストラスブールのクリスマスマーケット
(フランス語でマルシェ・ド・ノエル”marché de Noël“)に行った際に食べた
アルザス地方の料理について紹介します。

ぜひ食べてみて欲しい料理1:Alsace’s Tarte Flambée

まず紹介するのは薄いピザののように見える "Alsace’s Tarte Flambée" です。

Tarte Flambée(タルト・フランベ)は、
フランスのアルザスとドイツの南部で作られる料理で、
長方形の形をしていて、基本は薄い生地の上にサワークリームと玉ねぎとラードンをのせた料理です。
ストラスブール内のレストランで食べることが出来ます。
トッピングはお店によって様々あるので、
きっと自分の好きな味を必ず見つけられますよ!

昨年ストラスブールへ訪れた際友人とシェアしながら食べました!
もう一度食べたいなと思うほど美味しかったです!
ぜひストラスブールへ行かれた際は、
Alsace’s Tarte Flambée(アルザスタルトフランベ)を食べてみて下さい☺

昔ながらのアルザス料理2:Coq au Riesling

Coq au Vin(コック・オ・ーヴァン)は聞いたことがあるでしょうか?
フランスの代表的な田舎料理で、
鶏肉と野菜を赤ワインで煮込む料理で、フランスでは家庭料理として広く知られています。

似たような料理がアルザス地方にもあるのですが、
ここでは名前が変わりCoq au Riesling(コック・オ・リースリング)と言います。

アルザスでは赤ワインではなく白ワイン
(アルザス名物ワイン:リースリング“Riesling”)で作る為、
料理名が違います。もちろん味も違います!
味はしっかりしていますが、家庭料理名だけあって親しみやすい料理です。
この料理ももちろんもう一度食べたいくらい美味しいです。

私はクリスマスマーケットの時期に、ストラスブールへ行き食べましたが、
その他の時期にも食べられるので、フランスへ行く機会がある方は是非お試しください?

講師の国の家庭料理について話してみよう!

日本にも家庭料理が多くあるように、
海外にもその国や地域によって多種多様にあります。
国にいたころ好きだった家庭料理が何なのか、
講師達と英語で話してみて、楽しく英会話力をアップさせていきましょう!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

ストラスブールのクリスマス料理

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験