Happy Birthday in New Zealand!!

こんにちは!英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のLilaです。

12月に入り、ますます寒くなってきておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私ごとで恐縮ではありますが、先日誕生日を迎えました!
そこで、New Zealandではどのように誕生日をお祝いするのかご紹介したいと思います★
いつもNew Zealandの話題ばかりですが、Lilaといえば、New Zealandと覚えて頂けたら幸いです(笑)

Happy Birthday…?

誕生日といえば、誕生日ケーキにろうそくを灯し、
バースデーソングを歌われると思いますが、
New Zealandでは特有のソングがあるのです!!

皆さんご存知の、
「ハッピーバースデートゥーユー、ハッピーバースデートゥーユー、ハッピーバースデーディア○○ちゃん~、ハッピーバースデートゥーユー!」
のあと、その場にいる誰かが大きな声で“Hip-hip(ヒップヒップ!)”と切り出すと、
周りにいる人達は“Hooray!(フーレィー!)”と掛け声をかけ合います。
これを3回繰り返します。

“Hip-hip! Hooray! Hip-hip! Hooray! Hip-hip! Hooray!”
この儀式は、日本でいうと「万歳三唱」のようなものだそうです。

私が初めて祝ってもらったときは、そんなことがあるとはもちろん知らず、
思わずろうそくを消すのをフライングしそうになりました(笑)

New Zealandのケーキといえば?

ニュージーランドには、伝統的なケーキが存在します。
それは、「Pavlova(パブロバ)」と呼ばれる、メレンゲが特徴のケーキです。
メレンゲで作られた型の上に、生クリームをのせ、
その上にフルーツのトッピングをします。
お好みにアレンジができるところも人気の秘密かも?

実はこのケーキを巡めぐって、
New ZealandとAustraliaの間ではライバル心があるのだとか。
パブロバはニュージーランドのものだ!というニュージーランド人。
パブロバはオーストラリアのものだ!というオーストラリア人。
実際のところ不確かなよう…。

なので、パブロバのお話をする際にはくれぐれもお気をつけください!
ニュージーランド人の前で「パブロバはオーストラリアのでしょ?」なんてもってのほかです!(笑)

最後に…★

ニュージーランドに滞在していた際、私の誕生日を友人と一緒に過ごしたことがあります。
その時にもニュージーランド特有のハッピーバースデーを歌ってくれたり、
手作りのパブロバを作ってくれたり😊
日本とは違ったお祝いの仕方があっておもしろいですよね☆
私自身、日本では体験できないようなことが体験できて、
素敵な思い出を作ってくれた友人たちにはとても感謝しています。

今月お誕生日の方はおめでとうございます!
そうではない方も、素敵なクリスマス・年末をお過ごしくださいませ♪
Merry Christmas★

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

Happy Birthday in New Zealand!!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験