ベトナムにある暗闇レストラン

皆さんこんにちは。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。

先日ベトナムへ行った際に、暗闇レストランなるものを体験してきました。
ホーチミン市のレストラン1位ともいわれるレストラン“noir.”(ノア)。
その意味は「暗闇、正体不明」とまさにその名の通りのレストランでした。
今日は私が訪れたこの “noir.”を紹介していきます。

まずは目隠しでパズル

事前にネットで予約をしていきました。
予約した時間に来訪し名前を言うと、
まずは明かりのあるテーブルに案内されました。
そこでレストランのコンセプトの説明を受け、コースを決めます。
今回は「WEST」のコース料理を選択しました。
料理のメニューはこの時点では一切分からず、食事後写真を見ながら答え合わせを行います。

コース決定後、目の前に謎のパズルが運ばれてきました。
これは暗闇に事前に慣れるための練習だとの事です。
目隠しをして図形のパズルをボードに当てはめるのですが、
これがなんとも難しく、指の感触だけで当てはめるのはかなりの難易度でした。

練習を終えたらロッカーに荷物を全て預け、
普段自分が身につけているものは全て外し、
身一つで暗闇へ向かいます
そしていよいよ暗闇レストランでの食事がスタート。
始まりから終わりまで気が抜けない食事の始まりです。

一切何も見えない中で

暗闇の中では一切の視覚情報が無い為、
味覚と嗅覚を研ぎ澄ましながらの食事になります。
何も見えない状態での食事は本当に新感覚の体験で、
食事をしていく中で様々な発見をすることができます。

暗闇の中でスタッフの方々は働かれていて、
席への案内や食事の説明などを英語で行います。
食事中は何を食べているかはわからず、
「前菜が出てきます。時計回りに右上から食べて下さい」の説明があるだけ
です。
もちろんスタッフの方はゆっくり、分かりやすく話して下さいます!
正直英語がいまいち苦手でもとても楽しめるレストランです!

ただし、入り口から席までは何も見ることができないため、
階段の上り下りや、席へ着く際や、どこにナイフがありファオークがあるかなど、
スタッフの方が全て英語で案内するので、
英語を少しでも聞けて話せた方が、
より楽しく食事ができると思います!

食事後の答え合わせにはかなり驚きました。
まさか日本人が良く知るあのスープが食事にでていたなんて気づきませんでした...。

ベトナム/ホーチミンへ訪れた際は、是非このレストランへ行ってみて下さい!
新しい体験ができること間違いなしです!

英語が出来た方が得?

今回のベトナム旅行で改めて実感したのですが、
英語を話せることでコミュニケーションの幅が広がり、
様々なバックグラウンドの人と関わることができる
のだなと思いました。
言語はずっと続く学習と言ってもいいほど奥が深いものです。

ぜひ話したいなと少しでも思われている方は、
今日からでも英語の勉強を始めてみて下さい!
リンゲージでは英語を勉強されている方を応援しております☺
一緒にリンゲージで学びましょう!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

ベトナムにある暗闇レストラン

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験