英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 「ほめる」時に使える動詞、なにを使いますか?

「ほめる」時に使える動詞、なにを使いますか?

皆さんこんにちは。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。

「私は彼女をほめました。」と英語で言いたいときに、
「ほめる」の部分に何の単語を当てはめますか?

今日は「ほめる」の単語とそれぞれの違いを紹介していきます。

色々ある「ほめる」を表す単語

●Praise(動詞)
意味:称賛する、ほめるなど
例文
・I was praised a lot.
(すごくほめられました。)
・He has never praised anyone.
(彼は誰のこともほめたことがない。)

●Praise(名詞)
意味:称賛、ほめること、ほめられること
例文
・The instructor encouraged the student with praise.
(講師はその学生をほめて元気づけました。)
・Her presentation was praised by her boss.
(彼女のプレゼンは上司にほめられた。)

●Admire(動詞)
意味:(人物など)を称賛する、 感心[敬服]する、感嘆する
例文
・Who do you admire?
(あなたは誰を尊敬していますか?)
・I admire my father greatly.
(私は父の事を大いに尊敬しています。)

※似たような意味に“Respect”がありますが、Respectのニュアンスでは「同意できなかったとしてもそれを(対象を)素晴らしいと思い敬意を払うこと」になります。
“Admire”の時は、「自分の意思でそれが(対象が)評価に値する素晴らしいもの」と思った際に使われます。

目上の人なのか同等の立場からそれ以下へなのか

今日ご紹介した「ほめる」を指す単語ですが、
似たような意味を持っていても、それぞれが持つニュアンスが異なります。
また気をつけるべき点は、立場です。

単語によって目上から目下へ対して使うのが好ましいもの、
目下から目上へ対して使うのが好ましいもの、
またはどのときにも適用できるものなど異なります。
ビジネスで英語を使われる方は特にこのような違いも押さえておくことが良いでしょう!
講師に詳しく単語の違いを聞いて、実践の場に役立てていきましょう☺

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

「ほめる」時に使える動詞、なにを使いますか?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験