世界の恋人たちの執念

こんにちは、英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinamiです。
今回のトピックでは、世界の恋人たちの執念についてご紹介したいと思います。

ポンデザール橋

パリの中心を横切るセーヌ川には、多くの橋が架かっていますが、
その中でもポンデザール(芸術橋)は、恋人たちが末永く幸せになれる橋でとっても有名です。

この橋はパリで初めて架けられた鉄製の歩道橋で、
1804年に完成しましたが、1984年に一度修復されています。
もともとは、ナポレオン(1世)のために作られましたが、
現在は、恋人たちの愛の南京錠をかける橋として広く知られています。
皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、
この橋にかける愛の南京錠はとても縁起の良いものとされているのです。

ポンデザールの危機

恋人がお互いの名前を書いた南京錠を橋の欄干に取り付けて、
セーヌ川へ鍵を投げ捨てることで永遠の愛が手に入れられると言われていて、
ロマンチックな観光スポットとして世界中の恋人が訪れることで知られていますが、
2014年6月に南京錠の数が増えすぎて、フェンスの一部が倒壊する事態が発生してしまいました。
非常に危険ということで、昨年からパリ市は金網を撤去し、
ガラス板に変更されました。

世界の恋人たちの執念

しかしながら、恋人たちの執念は止まりません
ガラス板になった橋の手すりや街灯など、
いたるところにこっそりと(?)、南京錠がかけられているのです。
中には、取り付けるのが結構大変だったことが想像できるものもあります。
どうしてもこの橋に南京錠を取り付けたい!という恋人たちの執念が、ここに鍵をかけさせたのでしょう。
フランスのパリを訪れる際には、そんなところにも注目してみてくださいね。

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

世界の恋人たちの執念

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験