英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 英単語の“Propose”はすぐに結婚の「プロポーズ」だと思わないよう注意!

英単語の“Propose”はすぐに結婚の「プロポーズ」だと思わないよう注意!

こんにちは。英会話教室リンゲージ銀座有楽町校スタッフです!

Proposeは最近ブログでも紹介した通り、
結婚してくださいの時に使う「プロポーズ」の意味になります。
しかし、プロポーズの英単語である“Propose”には他の意味があり、
ビジネスメールやプレゼンテーションなどで「提案」する際に役に立つ単語です。
今日は“Propose”のプロポーズとは違う意味を覚えていってください( `―´)ノ

英語で「提案する」を表す単語と言えば、
“suggest”“advise””recommend”などですが、ニュアンスが違う表現があります。
今回紹介する“Propose”も「提案する」という意味になりますが、
使い方やこの単語が持っている意味は上の3つの単語とは少し異なります。

<関連ブログ>
英語で「プロポーズ」何という?

Propose(動詞)

意味:提案する、計画する、提議する
使えるシチュエーション:相手に決定をゆだねる時の「提案する」状況で使えます。
もちろん結婚の申し込みをするときの「プロポーズ」の状況でも使えますよ。

例文
・He proposed a good advertising plan in a meeting yesterday.
(彼は昨日の会議で良い宣伝企画を提案した。)
・I proposed a new solution to her.
(私は彼女に新たな解決策を提案しました。)
・She proposed to me that I am next in line for promotion.
(彼女は私を次の昇進候補として提案しました。)

Proposal(名詞)

意味:提案書、企画案、提案
使えるシチュエーション:
相手に決定をゆだねる時の提案の際に出す「提案書や企画案」を出すときに使えます。
もちろん結婚の申し込みをするときのプロポーズにおいて「結婚の申し込み」をする、したなどといった状況でも使えますよ。

例文
・The proposal was for a good advertising plan at a meeting yesterday.
(昨日の会議でされた提案は良い宣伝企画だった。)
・I made a new solution to her.
(私は彼女に新たな解決策を提案しました。)
・Her proposal was that I am next in line for promotion.
(彼女の提案は私が次の昇進候補であるということでした。)

make, have, approveなどの動詞+proposalにすることで「提案する」という意味になります。

いかがだったでしょうか?
Propose/Proposalの使い方は覚えていただけたでしょうか?
提案を出す、提案に対して賛同や反対、検討するなど、
色々な表現に活用できて、表現の幅が広がります!
是非次回から使って、英語力アップをしましょう🙌

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

英単語の“Propose”はすぐに結婚の「プロポーズ」だと思わないよう注意!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験