“5 minutes”, “my friend”は間違い?!?

こんにちは!英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のArisaです^^

今日は日本人がよく間違えやすい、
あるいは分かりにくい英語表現について解説していきます😊

5 minutes は違う!?

数字が2つ以上であれば、複数形の”s” をつけると習いましたよね。
しかし、例外もあります。

例えば、「5分間のビデオを見よう」を表現するときは、
”5 minutes video”

ではなく、

”Let’s watch 5-minute-video”

となるのが正解です。
※Video which has 5 minutes であれば、正解です。

これは、”5-minute-video” で1つの単語を表すので、
”minute” に”s” をつけるのは、文法上は間違った表現になってしまいます。
この他にも、

10-year-old boy (10歳の少年)
All-in-one printer (オールインワンのプリンター)
Long-lost relative (長い間消息不明の親戚)
などがあります。

“my friend” で合っているの?

“my friend” というと、”ある特定の、1人の友達のみを表すので使い方に気をつけよう!” と教わったことはありませんか?

たとえば、”I had lunch with my friend.” だと、
友達が世界中で1人しかいないように聞こえてしまい、正しくは、
”I had lunch with friend of mine.
“I had lunch with one of my friends.

だそうです。
しかし、アメリカ人講師にこれは本当か確認したところ、
そのようなニュアンスとしては全く聞こえないようです。

確かに”my friend” で特定の友達を表す表現にはなりますが、
“I had lunch with my friend.” と言われても、
2人以上の友達を表すこともありますし、違和感はないようです。

間違いを恐れないで話してみよう!

いかがでしたか?
今日は細かなニュアンスや文法について解説しました。
私たちは、文法上の間違いや細かなミスを気にしてしまう傾向にありますが、
ネイティブはそこまで気にしないものも多くあります。
話していくうちに気付くニュアンスなども多くあるので、
「間違えてもいいからたくさん話してみよう!」というマインドが一番大事です☆彡

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

“5 minutes”, “my friend”は間違い?!?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験