英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 解釈するのが意外と難しい! Queenの名曲” We Will Rock You“

解釈するのが意外と難しい! Queenの名曲” We Will Rock You“

皆さんこんにちは。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。

今日は解釈するのが意外と難しいQueenの名曲である” We Will Rock You“の紹介をしたいと思います。

誰もが一度は聞いたことのあるWe Will Rock You

We are the championと並びQueen名曲の1つでもある
” We Will Rock You “は1977年にリリースされた以降もスポーツの応援歌となったり、
2012年のロンドンオリンピックでも閉会式の曲にもなったりしている、まさに名曲の1つです。

昨年公開された「ボヘミアン・ラプソディ」を見た方はご存知かもしれませんが、
曲の出だしで聞こえてくる「ズンズンチャ」という音は、
ドラムで鳴らした音ではなく人の足踏みと手拍子で作られた音です。

この曲の中には少年”a boy”、若者“young man”、老人”old man”の3人が出てきます。
この3人が誰かと言うと、

「偉そうにしているけど、全くかっこよくいない人」
「きっかけを作らずくすぶっているだけ人」

そんな人達へ対して“We will rock you!”

「あなたの殻を私たちが壊す!」
「動け!やってみろ!」

とその人を引っ張り、後押しをするのがこの歌詞の内容です。

単語、フレーズ紹介

名詞・動詞の“Rock“
パッと頭に思いつく“Rock”と言えば音楽のジャンルを指す「ロック」ですが、
名詞だと「岩」・動詞だと「揺さぶる、驚かせる」になります。

“You got mud on your face.”
“Mud on your face”を訳すと「顔に泥ついてるよ」となりますが、
この文で伝えたいことは、大きな顔をしているだけの人へ対して、
「それ良いと思ってやっているのだろうけど、それ全くかっこよくないから」という意味になります。

名詞・動詞の“Disgrace”
名詞は「不名誉」、動詞だと「(…の)恥となる」の意味です。
自分で思うのではなく、周りからの自分の評価や立場、状態を表しています。

歌詞の意味を分かった上で曲を聞いてみよう!

ボヘミアンラプソディの映画もそうですが、
歌詞の意味を分かった上で曲を聞くと感じるものがものすごく違います。
好きな曲があればぜひ歌詞の意味を調べ、英語の理解を深めましょう!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

解釈するのが意外と難しい! Queenの名曲” We Will Rock You“

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験