英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ ジャム発祥のヨーロッパで発見!野菜ジャムのすすめ

ジャム発祥のヨーロッパで発見!野菜ジャムのすすめ

こんにちは。英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinamiです。

今回の記事では、ヨーロッパのジャム事情についてお話したいと思います。
私がヨーロッパに出かけた際に、ジャムの種類がとっても沢山あることに驚きました。

ジャムの発祥はヨーロッパ

ジャムは季節のフルーツだけではなく野菜のジャムがあるのを知っていましたか?
ヨーロッパでは野菜を使ったジャムが多くあり、
お料理のソースにプラスしたり、家庭料理などでも日常的に利用されています。
ジャムの発祥はヨーロッパと言われているだけに、
イギリスやフランスではジャム作りは伝統的に行われているそうです。

作り方は野菜を茹でた後にミキサーやブレンダーをかけて、
砂糖やレモン汁を入れてとろみがつくまで煮詰めると簡単にできます。
ジャムにすることで長期保存ができ、
傷みやすい野菜をムダにすることなく消費できます

コトコトと煮詰めることで、野菜がぎゅっと凝縮され、
少量でもたくさんの野菜がとれるんだそうです。
日本にいながら、健康的なヨーロッパ習慣を取り入れてみても楽しそうですね。

Carrot jam & Pumpkin jam

・パンやクラッカーに
・チーズケーキに
・プリンやクッキーなどお菓子作りに
・ホットミルクに溶かして
・クリームチーズとパンに乗せて
・ヨーグルトに合わせて
・パンやクラッカーに合わせて

Onion jam & Tomato jam

・ドレッシングとして
・カレーやハンバーグに
・炒め物や肉料理に
・チーズと一緒にパンに乗せて
・パスタソースやピザソース
・オムライスのごはんやソースに
・パンやクラッカーに合わせて

以上、野菜ジャムのレパートリーでした。
簡単に作れるので、ぜひ自家製野菜ジャムを試してみてくださいね♪

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

ジャム発祥のヨーロッパで発見!野菜ジャムのすすめ

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験