種類を表す英語 kind・sort・typeの違い

皆さんこんにちは。
そろそろ涼しくなってほしいですね。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。

今回は種類や「なんとなく~、ちょっと~」と表すのに使える”kind, sort, type”の違いをざっくり紹介していきます。

違いはあれど、どれを使っても間違えではない

”kind, sort, type”の3つは種類を表すときなど同じ状況で使えるので、正直言うと大きな差はありません。
しかし3つにはそれぞれ性質があり、使い分けたほうが良いシチュエーションもあります。

大まかにいうとこんなイメージの違いです。

・kind, sort
大まかに分けるときや、ざっくりと感じを表すときに使う

・type
ハッキリと分けるときに使う

ですので、種類を表現するときにはどの単語を使っても問題ありません。
ハッキリ「これだ!」と表したいときにはtypeを使うといいと思います。

一番ざっくりしている:sort>中間:kind>ハッキリ分ける:type

こんな感じで覚えておくといいですね☺

違いを講師に聞いてみよう!

今回紹介した3つの”kind, sort, type”は、使い分けが少し手間ですが、
紹介した3つの中では、実際使えるシチュエーションも多い“kind”が一番使いやすいです。

kindを使う時にはカテゴリー化された種類を表せたり、こんな風という印象も表したりすることもできます。

リンゲージにはネイティブスピーカーも多くいるので、
講師に細かいニュアンスの違いや使い方を聞いてみましょう!使いこなせたらかなりスマートですよ(^^)/

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

種類を表す英語 kind・sort・typeの違い

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 種類を表す英語 kind・sort・typeの違い