映画を英語で観よう~ビギナー編~

こんにちは、銀座有楽町校のMinamiです。
今回の記事では、日本語字幕なしで洋画を楽しんでみたい方に、オススメの作品をご紹介したいと思います。
リンゲージのレッスンはドラマを観ている感覚で進みますので、洋画を字幕なしで楽しみたい方は直結するようなスキルを身につけることができます。
レッスンのノウハウを活かして、洋画鑑賞にトライしてみる方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、初めからSF系や医療系、法律系の映画にチャレンジすると、難しいなと感じることがあるかもしれません。
レベルに適した映画に出会ってスキルを伸ばしていただく為にも、今回はビギナー編をご紹介します。

『ターミナル』

クラコウジア出身のビクターという主人公をトムハンクスが演じます。
ビクターはニューヨークに向かっていたのですが、途中で祖国のクラコウジアという国(架空の国)が消滅してしまう為、入国も帰国も出来ない状態になってしまうというハプニングの話です。
そこで繰り広げられるヒューマンドラマがとても素敵な作品です。
主人公ビクターは全く英語が話せないという設定のため、1から英語を勉強する展開になるのですが、まるで一緒に英語を勉強しているような感覚にさえなります。
英語表現は、終始簡単なフレーズにとどまっているので、字幕なし洋画鑑賞ビギナーにはとっておきの作品です。

『チャーリーとチョコレート工場』

ジョニー・デップ主演作品です。
この映画は、チョコレート工場の工場長であるウィリー・ウォンカが、5人の子どもたちへ工場への招待状を送ることから物語がスタート。
その1人であるチャーリーとウィリー・ウォンかの交流を描いています。
子どもたちとウォンカの会話が中心になっているので、簡単な表現やフレーズが使われています。
難しい単語も出てこないので、字幕なし洋画鑑賞をしたという達成感を味わうという意味でも、ビギナーにはとてもおススメの1作です。

『フォレスト・ガンプ』

主人公は、知能指数が平均より低いフォレスト・ガンプ。
こちらの作品も、トムハンクスが主演です。回想形式で物語が進みます。
英語はすべてのシーンが簡単なわけではありませんが、役柄もあって、フォレスト・ガンプの英語がきれいで、簡潔でとても聞き取りやすいのです。
英語の基礎をある程度理解して、少し高いレベルに挑戦するときに観てもらいたい作品です。

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

映画を英語で観よう~ビギナー編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験