急いで!を伝えるときに使える英単語紹介☆

皆さんこんにちは。
英会話リンゲージ銀座有楽町校のYuiです。
「急いで」や「急いでいます」「急いでください」など急ぐシチュエーションに使える単語とフレーズを合わせて紹介したいと思います。

一番良く使う!”in a hurry”

自分がいま急いでいる時に使えるこのフレーズ”in a hurry.”「急いでいます」
本当に急いでいる時にも、本当に急いではないけれど相手をかわす為にも使えるので、とても便利でよく使われます。

例えばこんな感じ
”I am sorry. I am really in a hurry right now.”「すみません。わたし今とても急いでいます。」
”I can’t stop now. I am in a hurry.”「私今忙しいので止まれません。」
※”I am hurrying.”とは言わないです。

【動詞】急いで!“rush”

動詞の”rush”は”hurry”と同じ意味で「急いでいく」「急いでさせる、急がせる」の意味です。
rushはhurryよりも動作的に「急がなきゃ!」という意味を含んでいます。
例えば、乗り継ぎ電車の出発まであと少ししかないとき、「発車まであと1分!急がなきゃ!!」という場合には、
”The train leaves in one minutes! I have to rush!”
または「すみません。いま急いでいます。」と伝える時には
”I am sorry. I am rushing right now.”

【副詞】急いで”hastily, quickly, hurriedly”

動詞にプラスすることで急ぐという表現になるhastily, quickly, hurriedlyの3つ。
hastilyには「急いで、あわてて、軽率に」などの意味があります。
quicklyには「速く、急いで、すぐに、迅速に」などの意味があります。
hurriedlyには「大急ぎで」※かなり急いで何かした・するときはこの福祉を使うといいでしょう。

「急いでいる」や「急いで~する・した」「急いでください」の英語での表現はたくさん言い方があります。ぜひ今回習ったことを活かして、レッスンの時やフリートークテーブルで使ってみてください!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

急いで!を伝えるときに使える英単語紹介☆

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験