感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

”wanna”, ”gonna”, ”gotta”の使い方!

こんにちは!
銀座有楽町校のArisaです?

”wanna~”, ”gonna~” という表現を耳にしたことはありませんか?
海外のドラマを見たり、外国人と会話したりしていると必ずこのフレーズを耳にします。

教科書などでは出てきませんが、英会話をする上で欠かせないこれらの短縮した表現を今日は紹介します。

Wannaの使い方

”wanna”は、”want to”, ”want a”の短縮形で、『ワナ』と読みます。
何かをしたいとき、”希望”を表現するときに用います。

例:
I wanna go out with you. (君と出かけたいな)
I wanna eat icecream. (アイスクリームが食べたい)
Do you wanna come to the restaurant with me? (一緒にレストランに行きたいですか?)

また、相手に何かを誘うときにも使われます。
Wanna grab some beer? (ビールを飲みに行かない?)

Gonnaの使い方

”gonna”は、”going to”の短縮形で、『ガナ』と読みます。『~する予定』という意味を用いるときに使います。

例:
I think I’m gonna go to sleep. (私は寝ようと思う)
That’s not gonna happen. (それはないね)
What are you gonna do now? (この後どうするの?)

また、さらに若者が使うスラングに近い言い方になると、”I’m going to”を略して、”I’mma” という表現を用いることもあります。
例:I’mma go home. (家に帰るね)

Gottaの使い方

”gotta”は、”have to”や”got to”の短縮形で、『~しなければならない』を表すのに使います。

例:
I gotta leave in 5minutes. (5分以内に出なければならない)

また、疑問文では、”Have you got a~?”の形で使われ、『~を持っていますか?』の形で使われます。

例:
Gotta smoke? (タバコ持ってる?)

お疲れ様でした!
これらの表現は、友人同士などカジュアルな表現で使われることがほとんどなので、スピーチなどフォーマルな表現では使わないようにしましょう。
口が回りやすくなるので、会話もスムーズに進むようになりますよ!
それではまた☆

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

”wanna”, ”gonna”, ”gotta”の使い方!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験