欧州限定ニベアの拭き取り化粧水とは?

こんにちは。英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinamiです。

今回の記事では、私が実際に旅先で「良い!!」と実感した海外コスメ(今回はニベア拭き取り化粧水)について、ご紹介していきたいと思います。
現地の店員さんと話していた時に、紹介してもらえた商品でした。
この出来事は、英語が使えることでやっぱり世界が広がるなあと実感した出来事でもあるので、そういう観点からもこの記事をお楽しみ頂ければと思います。

ニベアと言えば、日本では、あの青缶クリームが有名ですよね。
欧州では、あの青缶クリームの他に、拭き取り化粧水(トニック)が非常に人気商品となっているそうなのです。

ニベアの拭き取り化粧水との出会い

キッカケは私のうっかりミスでした。

私がヨーロッパを訪れた際、日本から持参したクレンジングオイルと化粧水を手荷物に入れていたのです。
オランダで乗り継を行った際、手荷物検査にもちろん引っかかってしまい、それらは没収されてしまいました。

仕方なく、私は現地にて代替品を買おうとドラックストアに探しに行きましたが、なかなかクレンジングオイルが見つかりません。

店員さんへ尋ねてみたところ、

”I haven’t heard that kind of stuff, here in Amsterdam we usually use tonic which works not only as make-up remover but also moisturizing lotion. I want to recommend you the one from NEVEA. It’s the most popular tonic here.”
(クレンジングオイルなんてものは置いてないよ、拭き取り化粧水1本を使ってコットンでメイクを落とし、かつ、保湿もまかなっているよ。ニベアが一番人気だから使ってみなよ)と。

うーん、クレンジングの後に洗顔しないってどういうことなんだろう?という疑問は残りましたが、メイクをしたまま寝るよりマシなので、とりあえず店員さんのアドバイス通り、ニベアの拭き取り化粧水(6ユーロ)を使ってみることにしました。

ニベアの拭き取り化粧水の効果

オイルクレンジングできないことに加えて、水道水を使いながら泡洗顔ができないという状況、正直当初の私にとっては気持ち悪さしかありませんでした。
ちゃんと洗えてる実感がゼロだったからです。

しかし、5~6日経過したあるとき、お肌の調子がつるつると良くなっている事に気が付きました。
当時の私はところどころにニキビ跡があったので、それがコンプレックスだったのですが、そのニキビ跡でさえも、良くなってきているように感じました

3週間ほどたったとき、それが、気のせいではなかったことを実感しました。
保湿クリームなどを特に付けていないのにも関わらず、肌全体のツッパリ感はゼロ。
気になっていたニキビ跡もすっかりなくなって、つるつるのお肌になっていたのです。

案の定、日本に帰国すると、家族や友だちから「つるつるの肌になった?!」「肌どうしたの?」と質問攻めになったのでした(笑)

なぜニベアの拭き取り化粧水はそんなに良いのか

帰国後、私自身もとても気になったので、その理由をネットで調べてみました。理由は大きく2つあります。

① ニベアの質の良さ
表示に乾燥肌・敏感肌、とあるように、刺激がとても少なく、日本の化粧水のように潤います。保湿用化粧水としても機能するようです。

② ヨーロッパの硬水とのマッチング
ふきとり化粧水は、ごくおだやかに角質をとってくれるアイテム。ふきとり化粧水で余分な角質を取り除くことで、肌はなめらかに。邪魔な古い角質がなくなり、肌の中にスムーズに成分が入ってくるため、いつも使っているスキンケアのパフォーマンスを上げることができるんです。

また、ヨーロッパにて、日本の感覚で泡洗顔で顔を洗うと、硬水のせいで石鹸とカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが結合して、肌の上に膜ができてしまうそうです。
石鹸成分よりも優先的に金属イオンと結合してくれるというキレート剤の主成分、EDTAの配合は、人体・環境への悪影響により規制されています。
硬水地域でこれが配合されていない石鹸で洗おうと思っても、うまく泡立ちませんし、金属石鹸の膜が皮膚を覆うことになるのです。
そんなメカニズム要因も踏まえて、ヨーロッパを訪れた際には、ぜひニベアの拭き取り化粧水をためしてみてくださいね。
(日本では販売されていませんが、通販サイトなどで高値で購入可能です。とっても割高なので、ぜひ現地で英会話を活用させてお求めを。)

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

欧州限定ニベアの拭き取り化粧水とは?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験