ポルトガルの食をご紹介

こんにちは、英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinamiです。
今回は、私の一押しポルトガルレストランをご紹介していきたいと思います。

600グラムの巨大美味スケーキ?!

Naco na Pedra(石の上の塊肉)と呼ばれるステーキは、ポルトガルではポピュラーな一品です。
その名の通り、熱い石の上でお肉を焼きながら頂くスタイルのステーキです。
Picanha(ピカーニャ)という部分(日本語ではいちぼと呼ばれ、お尻の上の部分でもも肉の一部)が一番おいしいとポルトガルでは言われ続けているそうです。
Naco na Pedra(石の上の塊肉)は、どーんと生のお肉と、熱々に熱した石のプレートが木製のプレートの上に乗ってきます。
こちらの肉を石の上でお好みの焼き加減で焼きながら食べられるので、焼き肉感覚で楽しみながら食事が出来ます。

※ポルトガルでもステーキの焼き加減を聞かれますが、経験上、大抵は頼んだものよりも一段階多めに焼かれます!理由は分かりません(笑)
世界共通にしてもらいたいところですよね。したがって、ミディアムレアがお好みなら、レアと頼みましょう。
また、ウエルダンと頼めばこ~んがりと焦げたものが出てきますのでご注意くださいね。

リスボンで一番と言われるレストラン

私がポルトガルの首都リスボンを訪れた際、Naco na Pedra(石の上の塊肉)をいただきに、リスボンで一番だと言われているレストランへ行ってきました!
「Restaurante Cabacas」というお店です。
Naco na Pedra(石の上の塊肉)が看板メニューの人気のレストランなので、とっても混雑していて、40分並んでやっと店内に入りました。
それくらいの大人気店なんです。
他のメニューもありますが大抵の人はNaco na Pedraを頬張っていました。
他のレストランでもNaco na Pedraを食べる事は出来ますが、こちらのレストランはとても安くて、とってもおいしく、ボリュームたっぷりなものになっています。
ポルトガルのお肉を焼きながらワインをたらふく飲んで、二人で30ユーロ程でした。

ステーキにはもちろんフレンチフライがどーんと付いてきます。
ステーキに添えてあるソースは、お店オリジナルガーリクマヨネーズ、粗塩、お店オリジナルのマヨネーズソースの3つでした。
大きな大きなお肉の味や焼き加減を少しずつ変えながら楽しめたので、600グラム完食でした♡

夜8時を超えるとお店の外に列が出来てしまうようなので、8時前の入店をお勧めします。
ゆっくり食べていると石のプレートが冷めてしまう事がありますが、その場合はお店の人にプレートをかえてもらえますのでぜひ店員さんに声をかけてみてください。

スクール周辺のポルトガル郷土料理レストラン

ポルトガルという国は私たち日本人にとってはとっても遠くに位置するので、文化に触れる機会もなかなか多くは無いですよね。
ということで、都内のポルトガル料理店をピックアップしました。↓

ヴィラモウラ @銀座
マヌエル カーザ・デ・ファド Manuel @四ツ谷
ピリピリ @神田

リンゲージ銀座有楽町校にお越しの際に、立ち寄ることができそうなロケーションですので、ぜひぜひ、ポルトガルの味をお試しあれ!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

ポルトガルの食をご紹介

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ ポルトガルの食をご紹介