感染予防対策について

安心してレッスンを
受けていただくための取り組み

英会話リンゲージでは、今後もお客様に安心してレッスンを受けて頂くため、以下の対応を強化して参ります。

マスクの着用

マスクの着用

室内換気の徹底

室内換気の徹底

飛沫防止アクリル板

飛沫防止アクリル板

体調確認のご協力

体調確認のご協力

手洗い・消毒の徹底

手洗い・消毒の徹底

教室内の消毒清掃

教室内の消毒清掃

お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCから受講いただけるオンライン英会話レッスンもございます。

オンライン英会話も選べる!

Hello, Hi, Heyの違い・様々な挨拶表現

こんにちは。
英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuriです。
今日は、”Hello”, ”Hi”, ”Hey”の違いについて
一緒に学んでいきたいと思います!

Hello, Hi, Hey

まず”Hello”は、3つの中で一番フォーマルな表現です。
そのため、ネイティブスピーカーは、
友達同士などの会話の中ではあまり使わないそうです。

日本人が友達同士だと、「こんにちは」と言わないのと
同じ感覚ですね(^^)

次に”Hi”は、”Hello”よりはカジュアルですが、
ネイティブスピーカーは、会社内でも使うそうです。
アメリカなどは、職場であっても日本よりはカジュアルなことが多いそうです。

この様にみると、”Hi”は、カジュアルでもフォーマルでも比較的使える範囲が広いため、
一番使われている挨拶表現だと言えますね!

最後に”Hey”は、3つの中で一番カジュアルです。
ビジネスの現場で使われることはほとんどなく、
友達との間でのあいさつとして使うといいでしょう(^^)

人と会った時の挨拶の表現

”How are you?”が一番日本人にはよく使われていますが、
それ以外にも、”How’s it going?”, ”How are you doing?”, ”How’s everything?”
などあります。
また、ネイティブスピーカーがカジュアルな場面でよく使うのものでは、
”What’s up?”, ”What’s new?” などもあります。

返答するときの表現は、”I’m fine.” がよく知られていますが、
とても調子がいい時には、”Great!”
特に変わりない時には、”Pretty good. Not bad”など、
調子の悪い時には、”Not so good. Pretty bad, actually.”など、
探すとかなり多くの表現があります。

ここに記載しているものは、ごく一部なので、
皆さんも是非調べてみてください!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

Hello, Hi, Heyの違い・様々な挨拶表現

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験