お酒を飲むと英会話ができるようになる?!

こんにちは!
銀座有楽町校のArisaです☆

「普段英語を勉強しているのに、私、なんで話せるようにならないんだろう…」「外国人を前にすると緊張して頭が真っ白になっちゃう😿」
そんな方、多いのではないでしょうか?

実はお酒を少し飲むだけでスピーキング力がグーンと上がる、という科学的な実験があります。
今日は英会話とお酒の関係について解説していきます。

お酒好きの方、必見です^^

どんな実験?

「Journal of Psychopharmacology」の中でオランダとドイツが合同で行った実験が元になっています。
オランダ語学習を始めたドイツ人50人を対象に、半分にビール、半分に水を与え、オランダ語のスピーチをさせたところ、ビールを飲んだチームの方が圧倒的に外国語のスピーキング能力が向上した、というものです。
スピーキングの中でも特に、「発音」の面で能力が格段に上がったそうです。

なぜお酒を飲んだのに能力が向上するの?

主に2つの理由があると考えられています。
1つ目が、「不安」が払拭される、というもの。
みなさんも経験があると思うのですが、英語を話す時に「これであたっているのかな?」「きちんと伝わっているのかな?」と緊張や不安を覚えることがあります。お酒を飲むことで、この不安が薄れ、日本人に特に多い完璧主義が薄れることがスピーキング力向上の1つの原因であると言われています。

2つ目が、「発音」に関すること。
自信がなくなると、声が自然と小さくなってしまうことってあると思います。しかし、お酒を飲むことで自然と自分に自信がつき、声が大きくなります。その結果として、間違えていたとしても、相手に聞き取りやすい、分かりやすいスピーチができるようになるのだそうです。

リンゲージで試してみよう!

「でも、一緒にお酒を飲める外国人の友達なんていない…」「バーやパブに行くのはちょっと嫌だな…」そんな方も大丈夫!
リンゲージでは、毎月月末に様々な国や、季節をテーマにしたイベントが開催されます。

お酒の提供もあるので、普段なかなか自分の英語に自信が持てない方もぜひ参加して、講師との会話を楽しんでみて下さい!
ただし、飲み過ぎには注意です😢

イベントについて気になる方はスタッフまで気軽に来てくださいね^^

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

お酒を飲むと英会話ができるようになる?!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験