日常英会話~スーパーでお買い物編~

こんにちは!英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinakaです(*^^*)!

海外のスーパーに行ったとき、
「この食材どこにあるのかなぁ」
「量り売りの野菜、どうやって買うんだろう、、、」
と困った経験はありませんか?

今回は知っておくと買い物がグッと楽になる、
スーパーでの買い物の仕方を紹介していきます*

一度慣れてしまえばもう大丈夫!
それではみて行きましょう*

売り場を探そう!

広いスーパーマーケットだと
どこに何がおいてあるのかさっぱり分からないですよね。
そんな時に使えるフレーズを紹介します*
店員さんに尋ねてみましょう*

例)
・”Where is the dairy section?”
乳製品売り場はどこですか?
※”section”=売り場

・”Where can I find dairy products?”
(乳製品はどこで見つけられますか?)乳製品はどこにおいてありますか?

店員さんの返答として考えられるものは次のような文になります。
”It’s on aisle 5, next to the bakery section.”
5番通路のパン売り場の横です。
※”aisle”は両サイドに商品が並んでいる通路のことを指します。

量り売りされている野菜や果物を購入しよう!

日本ではあまり見慣れませんが、
米国のスーパーでは野菜や果物が量り売りされています。
重さの単位としては「キロ」や「グラム」より「ポンド」
(pound<略>LB)や「オンス」(ounce<略>OZ)が使われることが多いので要注意。

例えば”$0.88/LB”という表示があれば、これは「1ポンドで88セント」という意味です。
ちなみに、1ポンドは約454グラム、1オンスは約28グラムです。

レジで商品を購入しよう!

日本語での「レジ」は英語の”register”から由来されていますが、
清算を行う場所の「レジ」は”checkout counter””cashier”といいます。

○支払い方法について
支払い方法について、”cash or card?”と聞かれたら、「現金ですか?カードですか?」と聞かれているので
・”I’d like to pay in cash.”
現金でお願いします。
・”Can I pay by credit card?”
クレジットカードで支払いして宜しいですか?
等と答えましょう。
※”plastic?”ときかれたら「カードですか?」という意味になります。
現在ではあまり聞く機会は少ないとは思いますが、参考までに。

終わりに*

いかがでしたか??

始めの頃は日本のスーパーと違うところが多くあり戸惑うかもしれませんが
だからこそ色々な発見があり楽しいです!海外に行く時は是非スーパーに寄ってみて下さい*

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

日常英会話~スーパーでお買い物編~

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験