意外と知らない?!誤解を招く英語フレーズ

こんにちは!英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のMinakaです(*^^*)!

学校で習った英語の中でも、ネイティブに話すと「ん?」という反応をされて、
いまいち伝わらなかった、、、
といった経験、ありませんか?

文法的には合っているのにニュアンスが微妙に異なるフレーズ、
けっこうありますよね。

今回は、皆さんがよく使う英語フレーズの中で、
実はちょっと使い方を間違えると誤解されてしまう要注意な英語をご紹介します*

”hobby”

趣味は何か尋ねるとき、
”What’s your hobby?”と表現していませんか?

「趣味は何ですか?」をそのまま直訳すると
”What’s your hobby”となるので
何の違和感もないように思えますが、
実は要注意なフレーズなのです。

ネイティブからすると、”hobby”という単語は、
我々が思っているように
”空いた時間に行う娯楽としての「趣味」”という意味ではなく、
”空いた時間を全てそれにつぎ込むくらい
とてもマニアックなもの”に対する意味が強いです。

娯楽としての「趣味」を聞きたい場合は
”What do you like to do in your free time?”
”What do you usually do for fun?”
”How do you like to spend your spare time?”

などと表現するととても自然です*

自分の趣味を答える時は”I like to do/doing~”と答えると自然ですよ*

”go out”

「出かける」と言いたい場合、
”go out”と表現していませんか??

”go out”は「出かける」というニュアンスというより
「デートにいく」というニュアンスが強い
ので、
相手に勘違いさせてしまうかも、、、

例えば
”I want to go out with you.”
という表現は「あなたとお出かけしたい」という友達としての意味というより、
相手には「あなたとデートがしたい」といった
恋人としての意味にとられてしまうので要注意、、、!

「ランチに出かけよう!」と伝えたい場合は、
”Let’s go out for lunch!”などというように
”go out”のあとに具体的な目的を添えましょう*

そうするとデートというように誤解されずに済みますよ*

※”play”という単語も要注意!
「遊ぶ」という意味で"play"を使っている人がいるかもしれませんが、
性的な意味に捉えしまうことが大半です。

例えば
”I want to play with you.”
という表現は、単に映画やランチに行くという「遊びたい」という意味というより、
とても性的なニュアンスとしての「遊びたい」という意味に捉えられてしまいます。
これはとても危険な誤解ですよね。要注意です。

「遊びにいく」という表現は”hang out”がよく使われます。
例えば、はじめましての人に「今度遊びに行こうよ!」と伝えたい場合は
”Let’s hang out sometime!”と表現すると自然ですよ*

おわりに*

いかがでしたか?

意外と使ってしまっている表現もあったかと思います。
中々普段英語を学んでいても気づかない落とし穴はたくさん存在するので、
勉強も大事ですが実際に英語を話すということもとても大切です*

英会話スクール リンゲージではレッスンがないときでも
気軽に寄って講師や生徒さんと英語でお話をすることができます*
(Free Talk Tableです!*)

英会話スクール リンゲージで日常的に英語を取り入れていきませんか?*

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

意外と知らない?!誤解を招く英語フレーズ

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 意外と知らない?!誤解を招く英語フレーズ