意外な使い方をする英単語集

こんにちは。英会話教室リンゲージ銀座有楽町校のYuriです。
本日は、私たちがよく知る単語の、
意外な使い方を紹介したいと思います。

BAD

英語を勉強している人も、そうでない人も、
ほとんどの人がしていると思われるこの単語”bad”、
一般的には「悪い」というネガティブなニュアンスで使われますよね。

ですが、副詞として「とても」という意味でも使われることもあります。
Carly Rae Jepsenの ”Call Me Maybe” という曲をご存知でしょうか。
この曲のサビの中に ”I miss you so, so bad.” という歌詞があります。
本来形容詞として知られているこの単語が、最後に使われていますね。
Bad という単語を使って、I miss you を強調しているのです。

口語表現としてよく使われるので、
海外ドラマ等でも是非探してみて下さいね。

NICE

次にご紹介する単語は、”nice” です。
これもみなさんに良く馴染みのある単語ですよね。

基本的は「良い」という意味ですが、
ネイティブは、皮肉として、
「困った」「ひどい」という意味で
niceを使うこともあるそうです。

例えば、
”Did you hit your boyfriend? That’s a very nice way to say good-bye.”
このような場面だと a nice wayは「良い方法」ではなく
「ヒドイやり方」という意味になります。

ぜひ実践してみて下さいね!

意外な使い方をする英単語集

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 意外な使い方をする英単語集