海外にもある?5月病に注意!!!

こんにちは!銀座有楽町校のYuriです!

ついこの間新年度が始まったと思ったら、もう5月下旬ですね💦
皆さん体調はいかがですか?
「5月病」というものに苦しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「5月病」は英語でどのように表現するのでしょうか?
英語で表現するときの参考までに、その原因やその解決法も併せて紹介したいと思います!

海外にはあるの?ないの?

そもそも5月病のような季節病の概念は海外にもあるのでしょうか?

そのまま英語に訳すと…
“May sickness”
“May disease”
“May blues”
などの表現になります。
しかし、この表現は大方通じません!!

私が試しに講師数人に ”Do you know May sickness?” と聞いてみましたが、
“What’s that??”と聞き返されました。

結論、5月病という概念は海外に存在しなく、日本独特のものです。
説明するときはぜひ“May sickness means~” 前置きしてから、
丁寧に説明するよう心掛けていただくと、海外出身の講師も納得してもらえるでしょう!

参考:5月病の原因と対策法を紹介

【原因】
5月病は一般的に、
新しい環境によって精神的にも身体的にもストレスが溜まってしまい、
その疲れが出やすい時期が5月であることから、「5月病」呼ばれています。
また、この病気は夏に入ると落ち着いてくるとも言われています。

これは知っている方も多いのでしょうか。

しかし、「5月病」は、実は放っておくとうつ病にもなりうる
恐いものなのです(・・;)
もしもそうなったら、新しい環境で頑張ろうと張り切っていたのも
水の泡になってしまいますよね。
だからこそ、「5月病」は軽視せずにしっかりと対策する必要があるのです!

【対策法】
それでは、5月病にはどのように対処すればよいのでしょうか。

まず、新しい環境を迎えた方は「頑張り過ぎない」という事です。
早く環境になれた方が良い、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
焦って身体を崩してしまっては、元の子もありませんよね。
焦ってしまう気持ちをぐっとこらえて、長い目で見て、適度に休みつつ、
まずは目の前の課題を解決することに集中しましょう👍

次に、運動を日々の生活に取り入れる、という事です。
一駅歩いてみるなど、本当に軽いものでも、やるのとやらないのとではだいぶ違います。

ですが、仕事等で疲れていると中々気が進まない方も多いですよね…。
そんな方には、食べ物での対策をお勧めです!
大豆製品や乳製品、牛レバーや海藻類、お茶やコーヒー等には、疲れにいいとされる成分が多く含まれているので、定期的にこれらを食事に取り入れると、いい対策になります!

LET’S TRY!5月病を英語で紹介しよう!

いかがだったでしょうか?
5月病についてはご理解いただけたでしょうか?
ぜひこの日本独特な「5月病」を海外出身の講師に紹介して、
英語力アップを図りましょう(^^♪

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

海外にもある?5月病に注意!!!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 海外にもある?5月病に注意!!!