入国審査で使えるフレーズ集!

ゴールデンウィークも終わってしまいましたね!
次の大型連休は8月のお盆の時期ですが、その時に
海外旅行に行く際に役立つ表現をご紹介します!

海外についてまず英語が必要になる場面が、
入国審査ですよね。入国審査官の英語が聞き取れるか心配!
と思われている方も多いのではないのでしょうか。
今回は入国審査で使うフレーズについてお話します!

空港に着いたら

まず、空港に到着したら、入国審査 ”immigration” へ向かいましょう。
入国審査では、その国の人やその国の永住権を持っている人向けの列と、
外国から来た人向けの列があります。
”Foreign Passport”と書かれた列に並びましょう。

この後、パスポートと飛行機内で配られた入国カードが必要になりますので、
列に並んでいる間に出しやすいところに用意しておくのがおすすめです!

自分の番が来たら、”Next!””Next please!” と呼ばれます。
この時初めて海外に行かれる方は、この呼び方にびっくりされるかもしれません。
入国審査官にもよりますが、怒っているわけでは無いので、ご安心ください。

入国審査の流れと必ず聞かれる質問

まずはパスポートと入国カードを出すように指示されます。
”May I see your passport?” ”Passport please.”
(パスポートを見せて下さい。)

”Here you are.”と言ってパスポートを出しましょう。

その後、聞かれる質問は国によっても異なるかもしれませんが、
必ず聞かれるのが、”目的””滞在期間”です。
目的を聞かれるとき
”What’s the purpose of your visit?”
(訪問の目的はなんですか)
”Business or pleasure?”
(仕事ですか?それとも遊びですか?)
”Why are you here?”
(なぜここへきたのですか?)

答えの例
”Sightseeing.”
(観光です。)
”Pleasure.”
(遊びに来ました。)
”I’m here on vacation.”
(休暇でここに来ました。)

滞在期間を聞かれるとき
”How many days are you staying in this country?”
(この国に何日間滞在する予定ですか。)
”When will you return to your country?”
(いつ帰国しますか。)

答えの例
”For3days.”
(3日間です。)
”For a week.”
(1週間です。)
”I’ll return to Japan on May 5th.”
(5月5日に日本に帰ります。)
”Next Sunday.”
(次の日曜日です。)

おわりに

いかがでしたか。
入国審査で質問されることはだいたい決まっているので、
ここで紹介したフレーズを練習しておくと便利です!

私がアメリカに行ったとき、真顔の入国審査官に”Next!”と呼ばれて、
緊張しながら質問に答えていたら、
最後には”Welcome to the United States!”と言われ、
とても嬉しかったのを覚えています。

海外旅行は緊張する場面が多々あるかもしれませんが、
しっかり準備をして旅行を楽しんでくださいね!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

入国審査で使えるフレーズ集!

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 入国審査で使えるフレーズ集!