講師Yukiの生存情報★

こんにちは。
リンゲージ有楽町校の講師で留学中のYukiです。
私は現在、言語学を専攻しながら毎年9月~4月でカナダの大学に通っています。
そろそろ5月になるし、あれ、帰国は・・・?

期末テスト(finals)真っ最中

リンゲージの講師として皆さんに本当に良くして頂いているYukiですが、
最近ブログを書いていないものでして、
「あの輩は、生きているのかな」と思われているかと思います。

この私のブログを凝りもせず?読みに来て慕って下さる生徒さんも、
Yuki先生ったら帰ってくんの?生きてるの?

仲良くして下さる先生の中には、
「いつもブログ読んでるよ。Yukiの文章が好きだよ。とっても伝わるよ」なんて言ってくれる方も・・・

はい。
皆さん、本当にありがとう。

生きてるけど、期末が来週です。
今、何していいか分からない状態。
頭がおかしくなったか、
ブログを書いて皆さんに話を聞いてもらっています。

カナダの大学の成績の計算方法って?

大学のfinal examsは、最後の最後で転ぶと大胆に落第します
(「落・・・」、いや、言葉にするだけでその響きに恐怖で震えます。)
教科によって、中間や課題が占める割合が違いますが、
カナダの大学の成績はこんな風に計算されるよ、
なんていうことを今日はご参考までに。

例えば、
私のスペイン語は少し簡単(ラク♪)です。
(とはいっても、血の滲むような小論文の嵐が・・・)
以下をご覧ください!

●出欠 5%
●オンライン課題 10%
●中間  20%
●小論① 5%
●小論② 5%
●小論③ 7.5%
●小論④ 7.5%
●小論⑤ 7.5%
●小論⑥ 7.5%
●期末  25%
------------------
 合計 100%

・・・って、ど~んだけ小論文 書かせるんねん!

先日やっと書いて提出したと思った小論文。
小論③を出した瞬間から小論④のデッドライン一週間前になっている、なんてことがあります。
生徒を休ませることを知らないようなのでとても悲しくなります。

今回こんな失態がありました。

小論④の課題はカナダの原住民が抱える問題」について900字で述べる「というのがテーマだったのですが、
日本語でも書けない、
英語でも書けない・・・
かもしれないのに、
スペイン語で書くって何だろう。

カナダの原住民のことなんか知るか!と思ったのか、
勝手に「日本のアイヌ民族」について書いて提出をしたら、
(私自身、なぜ勝手にテーマを変えてみたのかは謎です。相当疲れていたのかもしれません)

0点をいただきました。

血が本当に滲んでいるように見えてくる小論文の表紙に、
え?これ、ペンが…たまたま擦れて付いただけだよね?
と思いたくなる、
だけどなんだか大きなチェックのようにも見える…何かが。

小論文

教授からのコメントが書いてある・・・。

《私の求めていたものじゃないわ、再提出しなさい》

・・・はい。

アイヌさん、さようなら。
最初から書き直し。

つまり翌週に出す小論⑤と同時に、
今回の小論④の書き直しの提出があるので仕事は二倍になりました。

自分のせい・・・自分のせい・・・・

それでも、スペイン語は真面目に小論文を出していれば、
落第しませんからね!!

次に話す教科がむしろ問題です!

音声学の比重がおかしい件

私の音声学の期末テストが占める割合は、なんと全体の50%
中間試験もありましたが、たった15%しか比重を占めていなかったので、
生徒に点数を稼がせてやらない姿勢がなんとも挑戦的です。

最終成績で65%以上を取らないと、これから先、
言語学を専攻して行くことが出来なくなってしまいます。
おそろしや!

言語学のテストは来週23日!
自分を信じて、慌てず一つずつ理解していくしかないのです。

そうはいっても、習っていることは一つ一つ本当に面白いので、
今すぐにでも皆さんに音声学で習ったことについて、
事細かにお話しして差し上げたいところなのですが、
期末が終わって頭が整理されたころに沢山書かせて頂けると嬉しいです。
人に説明するからには本当に自分が分かったところでお話ししないと、
素晴らしい学問が台無しですからね♪

もちろん、期末試験対策と並行して、
アルバイトと剣道もやっています!
5月11日に、ジャスティンビーバーの故郷ストラッドフォードで剣道大会が行われますので、負けず嫌いの私は期末と言えどもやはり体は戦闘モード。
謎の筋トレで身体を作っています!(あんた誰。)

筋トレ

ストレッチ

以上、【講師Yukiの生存情報】でした。
なんだか過去の記事で一番とりとめもないブログとなりましたが、
留学生活について分かって面白かった!という方は引き続き私のブログを読んでいただけると嬉しいです♪

それでは♪
カナダから、Yukiでした。

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

yuki

Yuki

2014年に一念発起。ワーキングホリデービザでカナダに渡航。ランゲージスクールにて英語を勉強の後、ファームステイ、留学コーディネーター、現地高校の日本語教師、TESOL(英語教授法)免許を取得し、カナダの大学入学を決心。貯金の為に2016年に帰国。帰国後リンゲージにて勤務開始、2019年現在、カナダの大学2年生で言語学専攻中。
好きなものこと:勉強、カナダ、剣道、お料理、酒とビール
嫌いなこと:食べ物を無駄にしたり捨てたりすること×

講師Yukiの生存情報★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 講師Yukiの生存情報★