覚えて置くと便利!イギリス英語だけの表現★

みなさまこんにちは!銀座有楽町校のAkikoです!
本日は、意外と知らない!?
イギリス英語だけにみられる表現をいくつか紹介したいと思います。

旅行の際は要注意!階の数え方。

まず、イギリス英語の特徴的な表現として有名なのが、階の数え方です。
みなさんは、1階、2階のように階数を数える際、英語でなんというかわかりますか?

アメリカをはじめ多くの人々が使うのは、
1階:First floor
2階:Second floor
3階:Third floor
4階:Fourth floor
5階:Fifth floor
など、日本語とほとんど同じ呼び方です。

え!これ以外に一体どうやって表現するの?と思われる方もいるかもしれませんが、
イギリスなど一部の国では以下の様に表現されます。
1階:Ground floor
2階:First floor
3階:Second floor
4階:Third floor
5階:Fourth floor
お気付きでしょうか?
本来の階数と1階ずつずれているのです!
イギリスのデパートで買い物をする際には注意が必要ですね(/・ω・)/

他にもある!イギリス英語ならではの英単語

階の呼び方以外でも、イギリス英語ならではの表現がいくつかあります。

例えば、エレベーターです。
英語でエレベーターのことは、Elevatorということができますが、
イギリス英語では、“Lift”と言います!

また、日本でいうマンションやアパートの事を英語で、
“Apartment”ということはみなさんご存じかと思いますが、
イギリス英語では、“Flat”と呼ばれます!

このような表現は、イギリス国内だけではなく、
過去にイギリス領だった国々などで聞くことができます。
実際に、私のオーストラリア人の友人も上記の表現をいつも使っています(^-^)

英語は国によって様々!

アメリカ英語とイギリス英語はよく比較されますが、
その他にも国によって表現に様々な違いがあるのが英語です。
学んでいて楽しい部分でもあります(*^^*)

リンゲージには、ヨーロッパ圏やアフリカ圏など様々な国出身の講師がおり、
地域による英語の違いもお楽しみ頂けます。

講師と話していて聞きなれない表現があった場合には、
遠慮せずに聞いてみることも大切ですよ!

みなさんも是非様々な英語に触れてみて下さい!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

覚えて置くと便利!イギリス英語だけの表現★

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 覚えて置くと便利!イギリス英語だけの表現★