ビジネス英語へのはじめの一歩*仕事*

こんにちは*銀座有楽町校のMinakaです(*^^*)!

今回はビジネス英語を学びたい!と思っている方にピッタリの「仕事」についての英語をご紹介します*

ビジネスでまず必要となるのが「自己紹介」ですよね。仕事を英語で説明していきましょう*

「仕事」どう英語で表現する??

「仕事」を表す英語はいくつか存在します。

まず一般的に知られているのが「work」ですね。
こちらは「働く」という動詞や「仕事(仕事量)」という名詞で使われます。
発音記号は「wˈɚːk」となり「walk」とは異なるので注意。

「work」と同じくらい使われるのが「job」です。
この二つの使い分けとしては、「work」は「働く(き)」という全体を指すのに対して、
「job」は、学校の先生、パイロット、医者などの「職業を指す」場面で使います。

また、営業や経理などの職種を示す場合にも、この「job」が使われます。

代表的な「work」と「job」以外にも「仕事」を表現する英語があります。
business(ビジネス)」:「商売」などを意味する「仕事」。
新しい商売は「new business」などと言います。

labor(レイバー)」:「労働や労力」を意味する「仕事」。
「labor cost」は「労働費用」となります。

mission(ミッション)」:「任務」を表わす「仕事」。

職業の聞き方*

相手の職業を聞いたりする場合は、「what do you do for living?」が最も丁寧な聞き方です。

直訳すると、「生きるため(生活するため)に何をしていますか?」となります。
例えば、あなたが何かに大変詳しくて、
「よく知ってるね!(You know all about it!)」などと聞かれた時に、
"I do this for living.(これが私の仕事ですから。)" と答えることがよくあります。

「What is your job?」「what is your profession?」という聞き方もありますが、
「仕事は何?」と、とてもストレートな聞き方なので
「what do you do for living?」の聞き方のほうが好ましいです。
(「profession」のほうがただの仕事というよりもっとキャリア、専門性のある職業というニュアンスが含まれます。)

「work」・「job」を使った日常英語*

「work」を使った代表的な英語は以下の通りです。

〇名詞

「at work」:仕事で(職場で) ※「I am tired at(from) work.(仕事で疲れました。)」など。
I have a lot of work to do.」:やることが沢山ある。
※「work」は仕事以外でも「やること」という意味でも日常会話で良く使う表現です。

〇動詞
work for ~」:~という会社で働く
work as ~」:~という職種で働く
It is working.」:正しく作動している。何かしらの事項が)順調である。

「job」を使った代表的な英語は以下の通りです。「work」に置き換えることはできないので注意。
job interview」:就職面談 
※「interview(インタヴュー)」は「面接・面談」です。

job application」:求職 
※「application(アプリケーション)」は「申し込み」などを指す英語です。

job requirement」:職務資格 
※「requirement(リクワイヤメント)」は「要求・必要条件」となります。

new job」:新しい仕事 ※「find a new job」は「新しい仕事を探す」となります。

change jobs」:転職する ※この時の「job」は必ず複数形の「jobs」にします。
Good job!」:「いい仕事」が直訳ですが、「良くやったね!」という意味で、
そのままのフレーズで良く使われます。

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

ビジネス英語へのはじめの一歩*仕事*

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ ビジネス英語へのはじめの一歩*仕事*