講師Yukiが体験!【カナダのマイナスの世界】

こんにちは。リンゲージ有楽町校の講師で留学中のYukiです。
私は現在、言語学を専攻しながら毎年9月~4月でカナダの大学に通っています。本日はカナダ生活ネタ!
カナダの素敵な風景をただただお伝えする件。

私は-30度のカナダが好き

カナダのイメージと言えば、
メイプルシロップ、寒い、ホッケー、ナイアガラの滝…

どれもあってます。

で、今日は“カナダ寒いよ”ってブログです。
で、寒いカナダが好きなんだってブログです。

究極に寒い2月は風の影響もあり、体感温度は-30度になることがあります。
-30度です!
想像できますか?
0度を基準にすると、ベクトルは逆ですが、
0度と-30度は、0度と30度(真夏日)の差ぐらいありますね!!

カナダに初めて住んだ1年目は寒さに慣れなくて、
どんな格好をしていいのか定まらず、
自分のする服装に関して迷走していました。

今では服装は一貫して、
ヒートテック、トレーナー、レギンス、レッグウォーマー、ブーツ、コート
たまに気が向いたらマフラーと手袋?
終わり。
大して厚着をしていないのですが、何故か平気。
慣れてしまうのです。

よっぽど東京の実家の古い家屋を吹き抜ける風の方が寒いですかね。

暖房の効いた図書館の自習室に10時間くらいこもっている際は、
隣のビルのカフェテリアへ休憩をしに一瞬外に出ることがあります。
その際に一瞬浴びる-30度の空気は、
息が詰まるほど冷たく、
冷たすぎる空気を吸えず窒息するような感覚を覚えます。
その凍えるような空気に、
何だかとてつもなく寒くて寂しくて一人悲しくなる気持ちも覚えますが、
その寒さに何か愛着を感じるのです。

私はカナダの冬がとても好きなのかもしれません。

氷の道

足

氷の景色

1月のある日、珍しく9度まで気温が上がったことがありました。
雪が解け、すべてが一瞬のうちになくなった翌日、
また氷点下まで気温が下がり、
前日で溶けた雪の水を含んで木々や草花はまた再び凍ってしまい、
私たちは氷の世界に囲まれました。

素通りできない氷の世界の美しさがそこにはあり、
授業と授業の合間でキャンパス内を移動するときに
琥珀のように氷で包まれた木々草花を写真に収めていました。

今は建築技術も進んで、
綺麗で過ごしやすい場所が東京には沢山沢山あり、
デパートの内装1つとっても美しく、
何処に入ってもカフェはいい雰囲気で、
東京で育ってきた私はそんな場所も好きだけれども、

こういう暮らしが出来ない貧しい国の人も居るんだと思ったとき、

この氷の世界は、
万人に与えられる平等の美しさなのだと思ったのです。

木の幹

草

枝

ベンチ

琥珀

以上、
【カナダのマイナスの世界】でした。
カナダと日本の違いが分かって面白かった!と思った方は引き続き私のブログを読んでいただけると嬉しいです♪ 

それでは♪
カナダから、Yukiでした!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

yuki

Yuki

2014年に一念発起。ワーキングホリデービザでカナダに渡航。ランゲージスクールにて英語を勉強の後、ファームステイ、留学コーディネーター、現地高校の日本語教師、TESOL(英語教授法)免許を取得し、カナダの大学入学を決心。貯金の為に2016年に帰国。帰国後リンゲージにて勤務開始、2019年現在、カナダの大学2年生で言語学専攻中。
好きなものこと:勉強、カナダ、剣道、お料理、酒とビール
嫌いなこと:食べ物を無駄にしたり捨てたりすること×

講師Yukiが体験!【カナダのマイナスの世界】

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 講師Yukiが体験!【カナダのマイナスの世界】