英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 講師Yukiがレッスン★【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】

講師Yukiがレッスン★【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】

こんにちは。
リンゲージ有楽町校の講師で留学中のYukiです。
私は現在、言語学を専攻しながら毎年9月~4月でカナダの大学に通っています。
本日は言語学ネタの【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】
人はどのようにして新しい言葉を作るのかについて!

またまたMental grammar のおさらい♬

以前の私のブログを読んで下さっている方は、
いい加減mental grammarという言葉に聞き飽きて来た頃かと思いますが、
今日はその最後のおさらいです。

(※以前の記事、【言語学 ―Linguistics― とは何か、どんな仕事に就けるのか?】講師Yukiがレクチャー【必見!Mental grammarの大切さ!】講師Yukiが解説!【難しくないmorphologyの基礎♬】、なども合わせて読んで下さい)

我々が言語を話すときに互いを理解するのは、
互いの中に共通する概念があるからこそなのです。
共通した概念を言語学では【shared system(共有システム)】と呼び、
そのshared systemは言語を使用する上で人が習わずして無意識に手に入れるシステム(知識)でもあります。
言語学ではそのshared systemを5つにカテゴライズして、
5つを総括して【mental grammar】と呼び、
それぞれを、

1、 Phonetics(音声学)
2、 Phonology(音韻論)
3、 Morphology(形態論)
4、 Syntax(統語論)
5、 Semantics(意味論)

と分けています。

前回は“あなたのmental grammarが意味のある最小単位の単語をどのように組み合わせてくれるか”を観察する例をお話ししました。

今日はmorphologyのmental grammarを使って、
人が言葉を作り出すプロセスを考えてみましょう。

言語はgenerative(生成的)だ

Morphology(形態論)は、
人の持つmental grammarが“意味のある最小単位の語” をどのように組み合わせるかを観察・分析するものです。

例えば、“teacher”。
こちらを意味のある最小単位に分けるとすると、“teach”と“er”。
teach(教える)という動詞が根幹になり、erの持つ「~な人」という意味を付け加えることで、teacher(先生)という言葉が出来上がりました。

存在する単語の数は有限ですが、
有限の単語の組み合わせ方を変えることで無限の言葉を作り出すことが出来ます。
そしてその組み合わせを作るプロセスに貢献するのが、
いわずもがな、
私たちの持って生まれた力mental grammarなのです。

母国語話者たちのmental grammarで生み出す言葉は無限なので、
言語学では「言語はgenerative(生成的)だ」と言ったりします。

では、どのようにして英語ネイティブは自身のmental grammarを使って新しい単語を生み出しているのでしょう。

例えば、英語ネイティブが新しい言葉を発明する中で、
blending(ブレンディング)というカテゴリーがあります。

その中でも私のお気に入り。
それは、hangry!

誤植じゃありませんよっ!
これは、hungryangryブレンドして作った言葉です。
お腹が空くと怒りっぽくなる人はいますか?
国を超えても変わらないコンセプトですね。

音とつづりが似ていることを利用して、
英語ネイティブのmental grammarがhangryという新しい単語を発明したのです。

その他、mental grammarが作り出すblendingの例として、
皆さんもよく知っているあの昔ながらの四角い缶に入った“Spam”(スパム)。
あれも“spiced+ham”のblendingの例の一つだと言われています。

その他、smog(スモッグ)。
光化学スモッグのあのsmog。
これは、“smoke+fog”をmental grammar の力を使ってblendingしたことで生まれていますね。

朝昼一緒のご飯はbrunch。
“breakfast+lunch”のblendingであり、
Motel(モーテル)はmotorとhotelのblending。

英語ネイティブがblendingで有限の単語を組み合わせ無限の単語を作り出す割合は、
全体総数の4%~10%を占めると言われています。

Blending以外のプロセスでも英語ネイティブは日々、
新しい単語を生成しています。
その他のプロセスについてはまたの機会に♬

日本人のmental grammarで作った新しい言葉

どうしたって英語の例ばかり見ていても、
中々パッと入って来ないですよね。

ですから、
日本で生まれて日本で育った人なら誰でも持ち得るmental grammarで我々が成し遂げてきた新単語の発明はなんでしょう?

…というのを考えてみたのですが、
実際、大学で言語学を英語で習っているので、
日本語の例を考えてみるのはこれが私も初めてです。

皆さんも考えてみてください。

…そうですね。
私は【イクメン】という言葉は画期的だと思います。

なぜなら、
まず初めに【イケメン】という言葉があったわけですから。

イケメンは“イケてるメンズ”と言う意味ですが、
この言葉が作られる前に良いという意味の“イケる”という形容詞が発明されていたということになります。
“メンズ”に限っては、由来が英語です。
最終的に、“イケてるメンズ”のイケとメンの部分のみを拾うのが、
日本人の耳に心地よい切り方だと我々のmental grammarが判断し【イケメン】になったのではないでしょうか。

そんな
イケメンをもじった【イクメン】は育児をする男性を指す言葉として、
すっかりなじみましたね。

ところでこれは思い付きですが、
5・7・5・7・7の音が日本人の耳に心地よいと感じるのも、
mental grammarが我々の言葉の作りに合う音の数を
自然と教えてくれている結果なのでしょう。
(※これは形態論ではなく、音韻論になるかもしれませんね!)

以上、本日は【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】をお送りしました。
言語学の魅力が伝わって面白かった!という人は、
また引き続きブログを読みに来てくださいね♪

今日はこの辺で。 
カナダから、Yukiでした!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

この記事を書いた人

yuki

Yuki

2014年に一念発起。ワーキングホリデービザでカナダに渡航。ランゲージスクールにて英語を勉強の後、ファームステイ、留学コーディネーター、現地高校の日本語教師、TESOL(英語教授法)免許を取得し、カナダの大学入学を決心。貯金の為に2016年に帰国。帰国後リンゲージにて勤務開始、2019年現在、カナダの大学2年生で言語学専攻中。
好きなものこと:勉強、カナダ、剣道、お料理、酒とビール
嫌いなこと:食べ物を無駄にしたり捨てたりすること×

講師Yukiがレッスン★【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 講師Yukiがレッスン★【新単語の発明はmental grammarがしてくれる】