講師Yukiによる【カナダあるある パート1】

こんにちは。リンゲージ有楽町校の講師で留学中のYukiです。
私は現在、言語学を専攻しながら毎年9月~4月でカナダの大学に通っています。
本日は【カナダあるある パート1】…!!!
行ってみよう~♬

“カナダで途端に化粧薄い”あるある

日本では化粧下地、パウダーファンデーション、
アイブロー、アイライン、リップグロス、チーク、アイシャドー‥‥
完全にフルメイクだったはずなのですが、
カナダに来ると途端にメイクが薄くなります!

最近はアイブローとリップグロスしかしません。
(日焼けもどうでもいいです)

何故そうなるのかというと、
周りの女の子がスッピンだからです。
薄くメイクをしているのかもしれませんが、
あまりしているように見えないのです。

そんなもんで、私だけバッチリメイクをしているとかなり浮きます。

以前フルメイクをしていたら、
「どうしたの?パーティーに行くの?」
「準備に何時間かかった?」
と奇異の目で見られました。

服装に関しても同じで、
スカートを履いて足元をおしゃれにしても、
可愛いのかもしれませんがカナダでは浮きますので、
パーカーとレギンスしか履きません。

“あらゆるものが切れない固い壊れる”あるある

日本は素晴らしいなと思うのは、
全ての商品が消費者の為によくデザインされていることです。

そんな素晴らしい日本からカナダに来ると、
あらゆる商品が切れなくて、硬くて、壊れます。

まず、ラップ。
カナダのラップもちゃんとガタガタの刃の部分が付いていますが、
刃の部分に当ててもラップは切れず、伸びて伸びて、果てにはブチッと切れます。
その不便さに私もブチッとなりますので、
日本から“クレラップ様”を持参することにしています。
今回スーツケースの中に5つ入れてカナダに来ました。

次はフタ全般。
カナダのあらゆる商品の蓋が無駄に固いので一人じゃ開けられないこともしばしば。
コンタクトの洗浄液の蓋も開かなかったのでハサミで挟んだり、
歯で開けようとしたりして、蓋がガタガタでボロボロです。

最後。
オリーブオイル。
蓋を開けようと思ったらいつも通り開かなかったので、
力任せにしたら蓋のスクリュー部分がバカになり、
一生開かなくなりました。

日本の商品は素晴らしい!

“おしゃべり好きすぎて行くタイミング失う”あるある

カナダの人はとにかくおしゃべり好き。
日本人には理解しがたいほど自分の情報公開をし合います。

レストランにて。
ウェイターが我々のテーブルに注文を取りに来た際に、
連れのカナディアンがウェイターのオーストラリアのアクセントを聞き取ったのか、
「ヘイ!君はオーストラリアかい?Eh?どこだい?」
「おー!メルボルンか!オレも行った行った!15年前だけどな。
オレのbuddy(マブダチ)が丁度そのころビジネスを始めたころで、
そのbuddyに呼ばれてメルボルンに行ってさ~」
「今、そのbuddyは中国で英会話の講師しててよ~」

…もはや、お前さんのbuddyの話など、
そのウェイターにも私にも全く関係ない話であり、
どうしてそこまで知らない相手に話す気になるのか…
ウェイターもさぞ面倒臭がっているのではと下から見上げてみると、
ウェイターも自分の故郷の話をし始めたではないか!!!!

・・・ということで見知らぬ人と何分でも話せるカナダ人(カナダに住む人達)。

スーパーにて。
顔見知りがスーパーで働いているところに遭遇。
立ち話すること、約10分。
「もう行かなきゃ」のタイミングがつかめなくて困りますが、
楽しそうに話している様子なので…まあ、いいか。

日本人は当り障りない適当なところで話を切り上げますが、
それは自分がどうというよりも、
自分が引き留める事で相手に迷惑を掛けていたら悪い…
という感情が大きいのだと思います。

日本人は迷惑を掛けることを嫌う人種なのだと思いますが、
カナダ人はそうではないような気がします。

自分を選んでくれた相手は、
自分と一緒にいることを楽しんでいるに違いないと信じています。
だからおしゃべりの中で自分の情報公開を厭わないし、
それを聞いている相手も自分のことのようにして楽しんでくれていると信じています。
私もようやくこの文化に慣れて来ました。

以上、【カナダあるある!パート1】でした。
日本とカナダの違いが分かって面白かった!という方は引き続き私のブログを読んでいただけると嬉しいです♪

それでは♪
カナダから、Yukiでした!

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

※薄化粧です

この記事を書いた人

yuki

Yuki

2014年に一念発起。ワーキングホリデービザでカナダに渡航。ランゲージスクールにて英語を勉強の後、ファームステイ、留学コーディネーター、現地高校の日本語教師、TESOL(英語教授法)免許を取得し、カナダの大学入学を決心。貯金の為に2016年に帰国。帰国後リンゲージにて勤務開始、2019年現在、カナダの大学2年生で言語学専攻中。
好きなものこと:勉強、カナダ、剣道、お料理、酒とビール
嫌いなこと:食べ物を無駄にしたり捨てたりすること×

講師Yukiによる【カナダあるある パート1】

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
まずは気軽に無料体験