就活で必要な英語力とは?

こんにちは!
銀座有楽町校のYuriです。

まもなく解禁される新卒採用活動。大学生の皆さんは期待と不安が入り混じる季節かと思います。
大学生のみならず、春を前に、いま転職・就職活動が盛んな時期ですよね。
就活で問われるものの一つと言えば、TOEICや英検などの英語スキル
そこで今回は、企業が求める英語力の基準や、就職活動にちなんだフレーズなどをご紹介します!

どれくらいの英語力が必要?

TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が304社を対象に行った
「上場企業における英語活用実態調査(2015年)」によれば、回答した企業のうちの約7割が
「TOEICスコアを参考にする」と回答しており、求める点数は、全ての社員に求めるもので650点、
国際部門で750点でした。この基準は前回調査の2011年よりも上昇しており、
年々求められる基準が上がっていることがわかります。

私自身も実際に採用面接で英語力を聞かれたことがありますが、
スコアはもちろん、「実際にはどの程度喋れますか?」「ビジネスでの会話はできますか?」など、
会話力をより重視していたように感じます。

面接では英語で自己紹介を求められたこともあるので、
30秒ほどで言える自己紹介を普段から準備しておくと、いざというときに役立ちますよ。

面接や会社説明会で使えるフレーズ

ちなみに、英語で就職活動は、「job hunting」。文章だと「I'm job hunting now.」などと表現できます。
履歴書は「resume」、
面接をうけるは「have an interview」、
自身の強みを伝える場合は、「My strength is…」や「My strong point is…」と表現できます。

リンゲージでは採用面接で使う言い回しも学んでいくので、
ぜひレッスンやフリートークを活用して使える表現を増やしていってください。

Have a great job hunting!

グローバル化がますます進む中、いまや会社説明会や面接で海外の採用担当者に出会うことも
珍しくなくなってきました。そんなとき、ちょっとした英語表現を身につけていれば、
コミュニケーションの幅もぐんと広がるはず。

就活をされる皆さん一人一人が素敵な出会いに恵まれますよう、願っています。

★英会話教室リンゲージ銀座有楽町校TOPに戻る★

就活で必要な英語力とは?

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ 就活で必要な英語力とは?