英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ ついつい言ってしまうネイティブに通じない和製英語

ついつい言ってしまうネイティブに通じない和製英語

こんにちは!
銀座有楽町校のChiakiです。

突然ですが、「カタカナの日本語をネイティブに話したら、全く通じなかった!」という経験はありませんか?
今日は、英語として間違われやすい和製英語についてお話ししたいと思います。

カタカナ英語と和製英語の違いとは

このブログを読んでくださっている方の中には、「この言葉は日本語ではカタカナで書くから、そのままいえばネイティブに通じるはず!」と思い、
実践したら通じなかったというご経験がある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

カタカナでも「カタカナ英語」と「和製英語」と大きく分けて2つあります。
大きな違いは、そのまま話してネイティブに通じるか、通じないかです。

和製英語は、英語ではありません!

もう少し詳しく違いを見てみましょう。

【カタカナ英語】
「カタカナ英語」は英語と同じ内容を指しており、英単語をそのまま日本語に近いカタカナで表したものです。

例えば、「cat=キャット」や「mayonaise=マヨネーズ」。
マヨネーズのような音節数が多いものはカタカナ英語とはいえ、発音に注意しないと通じづらくなります。

【和製英語】
「和製英語」は、日本人が作り出したもので、英語ではないのでネイティブには通じません。

例えば、「アンケート=Questionnaire (クエッショネア)」や「ノートパソコン=laptop computer」。これらは和製英語であり、ネイティブには理解されない日本独自の言葉です。
つまり、和製英語はいくらカタカナだからといって、たとえそのまま発音良く話しても、残念ながら英語として伝わることはありません。

日ごろから意識することが英語上達への近道♪

和製英語については、まずは正しい英語表現を覚える必要がありますが、カタカナ英語はネイティブの人の発音を頑張って真似るだけで伝わります。

カタカナをそのまま伝える前に、一度調べることをおすすめします。

これは本物の英語なのか、それとも和製英語なのか…
日頃から意識して色んな単語に触れることにより、英語も習得しやすいかもしれないですよ♪

ついつい言ってしまうネイティブに通じない和製英語

※ブログの内容は記事公開時のものとなります。最新情報は各教室にお問い合わせください。

PAGE TOP
英会話教室TOP 教室を探す 英会話リンゲージ銀座有楽町校 銀座有楽町校ブログ ついつい言ってしまうネイティブに通じない和製英語