日本の文学作品を英語で言うと…

こんにちは、有楽町校のYukiです。
最近すっかり寒くなってきましたね。
今日は、読書の秋ということで英訳について、特に日本の文学作品が英語ではどんなタイトルになっているのかを見ていきたいと思います。

“No Longer Human”

“No Longer Human” というタイトルを見て、何の文学作品か予想できるでしょうか?
これは、誰もが知っている太宰治の『人間失格』の英訳版タイトルです!

no longer~もはや~でないという意味なので、
人間失格=もはや人間ではない
という発想でこのタイトルがつけられています。

“The Housekeeper and the Professor”

先程の “No Longer Human” は、意味から何となく推測できるかもしれませんが、この英訳版タイトルから予想するのは難しいのではないでしょうか?

実はこれは、『博士の愛した数式』の英訳版タイトルなんです!
“The Housekeeper and the Professor” は単純に訳すと家政婦と教授という意味です。
分かりやすく、且つ内容をふまえている英語版のタイトルになっていて面白いですね!

英訳は奥が深い!

英訳と言っても、単に日本語を英単語に置き換えただけでは意味がわからなくなってしまうものや、その日本語に対応する英語自体が無いこともありますよね(._.)

そんな中で、英語でも意味が分かりやすいように工夫されたタイトルがつけられている文学作品はとても興味深いです。

谷崎潤一郎の『細雪』は、“The Makioka Sisters”
小林多喜二の『蟹工船』“The Factory Ship”
など英訳版タイトルが日本語と異なっているものはたくさんあるので、自分の好きな文学作品の英訳版タイトルを調べてみるのはいかがでしょうか?
新たな発見があるかもしれません!

それでは、季節の変わり目ですので体調にお気を付けてお過ごし下さい。

日本の文学作品を英語で言うと…