Yukiのオススメの洋画紹介~コメディ編~

こんにちは、有楽町校のYukiです(*’▽‘*)
私は幼少の頃に、親と一緒に海外のコメディ映画を観たのがきっかけで、英語に興味を持つようになりました!
そこで今日は、お気に入りのコメディ映画を紹介していきたいと思います!

“Fun with Dick and Jane”

(邦題『ディック&ジェーン 復讐は最高!』)
2005年のアメリカ映画で、1977年に公開された『おかしな泥棒ディック&ジェーン』のリメイク作品だそうです。
突然の失業で貧乏生活を強いられた夫婦の復讐劇…
と聞くと重そうな内容に聞こえるかもしれませんが、
コメディの帝王と言われるジムキャリーが主演を務めていて、ブラックユーモアあふれるとても面白い作品です!(*^^*)

“The Parent Trap”

(邦題『ファミリー・ゲーム/双子の天使』)
エーリッヒ・ケストナーの児童文学『ふたりのロッテ』を原作とした1998年公開のアメリカ映画です。
こちらも同原作で1961年公開の『罠にかかったパパとママ』のリメイク作品だそうです!
この映画の監督は、一昨年公開されて話題になった『マイ・インターン』と同じ監督なんですよ!(^^)!
幼い頃に両親が離婚したため別々に育った双子の姉妹が主人公で、姉妹の両方をリンジーローハンが演じています。
面白く、且つ心温まるストーリーなので一見の価値ありです!

“Meet the Parents”

(邦題『ミート・ザ・ペアレンツ』)
2000年のアメリカのコメディ映画で、『ミート・ザ・ペアレンツ3』まで続編があります。
彼女との結婚を認めてもらうため、元CIAの頑固者の父親に気に入られようと奮闘する姿が描かれています。
コメディ映画で最大の興行収入だったという説もあるほど大人気な作品なので、ぜひ見ていただきたいです!(*’▽‘*)

日本語字幕をつけて英語で見ればリスニング力が上がりますし、英語力に自信がある人なら英語音声×英語字幕もいいかも☆

いかがでしたか?
これをきっかけにさらに英語に興味を持って頂ければ幸いです。

Yukiのオススメの洋画紹介~コメディ編~